©DANRASMUSSEN SilverbackFilms Netflix

“Our Planet” ドキュメンタリーシリーズが2019年4月よりNetflixで配信開始

この記事のポイント
2019年4月5日より、インターネットでTV番組、映画、ドキュメンタリーなどを視聴できる動画配信サービスNetflixにて、Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「Our Planet(私たちの地球)」(全8シリーズを予定)が配信されます。本シリーズは、WWF、Netflix、Silverback Films の共同プロジェクトで、世界50ヵ国にて撮影された地球上に生息する貴重で、儚くもある数々の生きものの姿が収められています。

豪華制作陣が壮大なスケールで贈るドキュメンタリー

『OUR PLANET 私たちの地球』ティーザー予告編 - Netflix

インターネットで数々のTV番組、映画、ドキュメンタリーなどを視聴できる動画配信サービスNetflixにて、2019年4月5日より、Netflixのオリジナルドキュメンタリーシリーズ「One Planet(私たちの地球)」が全世界で配信開始となります。

本シリーズは、WWF、Netflix、Silverback Filmsが共同で制作し、600名の撮影クルーが35,000日をかけて世界50ヵ国で撮影した、貴重な生き物の姿を収めたものです。

本シリーズの語り手は、イギリスの動物学者でありWWFの親善大使でもあるデイビッド・アッテンボロー氏、また、監督にはBBCの「プラネットアース」や「ブループラネット」シリーズを手掛けたアラステア・フォザーギル氏と、世界的にも著名な方々に携わっていただいています。

  • さらに表示する

美しくも儚い、ありのままの地球の姿が伝えるものとは

WWFが、2018年10月30日に発表をした『Living Planet Report:生きている地球レポート2018』によると、世界の生物多様性は過去40年間で60%も減少し、世界の生物多様性の消失と、人類の消費による地球環境への負荷の増大が明らかとなりました。

「生きている地球指数(LPI)1970 ~ 2014」白線は指標値、色のついた部分は信頼限界を示す。

本シリーズではこうしたネガティブな現状を感じさせないような、極地の原野や、神秘的な深海、アフリカの広大な平原や南米に広がるジャングルなど、世界中の生態系の多様性など、ありのままの地球の姿が収められています。

公開に先立ち、デイビッド・アッテンボロー氏は、
「“Our Planet”でご覧いただける地球の姿を通して、今、大きな脅威にさらされている地球を、行動を起こせば良い方へ方向転換できるということを感じ取って欲しいです。Our Planetで多くの素晴らしい制作陣や自然保護の専門家の皆さまと関わり、世界中にお届けできることを大変嬉しく思います。」
と、コメントをしています。

また、WWFイギリスの事務局長であり、Our Planetの制作責任者であるコリン・バットフィールドも、以下のようにコメントをしています。
「私たちの世代は、今まで人類が地球にかけてきた負荷の影響を身をもって感じ、また、地球をより良い未来へ導くためのアクションを起こせる世代でもあります。Our Planetが、人類の未来を左右する重要な時である今、世界で力をひとつにしてアクションを起こすきっかけになればと考えています。」

Our Planetは2019年4月5日から、Netflixにて日本でも配信となります。乞うご期待ください。

この記事をシェアする

WWFの活動を
ご支援ください

WWFの活動は皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。
あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP