トラの森に潜む罠


20世紀初頭、10万頭が生息していたといわれるトラ。

現在の推定個体数は3,200頭ほど(成獣のみ)とされており、各地で絶滅が心配されています。

トラを脅かす主な原因は、すみかの森の消失と、骨などを狙った密猟。

特に密猟は、国際取引が禁止されているにもかかわらず続いている違法取引(密輸)に支えられ、大きな脅威となってきました。

さらにこの問題を助長しているのが、近年アジア各地の森で急増しているワイヤーロープを使った違法な「くくり罠」です。

自転車の部品でも作れるという簡易で恐ろしいこの罠により、トラはもちろん、ゾウやヒョウ、その他の草食動物など、さまざまな森の動物が犠牲になっています。

インドネシアのスマトラ島からは、森で回収されたくくり罠の数が、2006年から2014年までに2倍に増えた、という報告もありました。

罠を回収するレンジャーたち(カンボジア)。輪にしたワイヤーに動物が足を踏み入れると、輪が締って捕まえる仕組みです

森を守る現場のレンジャーたちは、罠の回収を必死に行なっていますが、資金や人手が不足している地域も少なくありません。

スマトラのリンバン・バリンの森では、正規の政府職員2人を含む、地域の人たちによるわずか26人のレンジャーが、1,400平方キロ(沖縄本島を上回る広さ)の森をパトロールしています。

罠にかかったトラの足。逃れることができた場合も、傷がひどいと、脚が壊死してしまったり、獲物が獲れなくなります

違法な伐採などをくい止め、すみかの森が守れたとしても、こうした罠猟が横行すれば、成果も無駄になりかねません。

トラは近年、ロシアやインド、ネパールなどでは、わずかながらも個体数が増加。保護活動の成果が顕れ始めていますが、一方では、こうした新たな脅威となる問題も、大きくなっています。

木材や紙、パーム油、ゴムなどの産品を通じて、東南アジアの森林の現状に深くかかわっている国として、日本からも現地の取り組みを支援してゆかねばと思います。(広報担当 三間)

回収されたくくり罠。仕組みやサイズなどは何種類もあるといいます

関連情報

C&M室 メディアグループ長 WEBチーム所属
三間 淳吉

デジタルメディア等々担当していますが、普通に本が好きです。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然保護や野生生物のことをお伝えしてゆきたいと思います。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP