撮影順調!パンダショップ秋冬商品発表への道


こんにちは。通販「パンダショップ」担当の佐多です。
先日、秋冬新商品の撮影のため、都内某所のスタジオにお邪魔してきました。

商品を実際に手に取ることができない通信販売にとって、写真の役割はとっても重要。

色味・デザイン・使っているイメージなどなど…商品の持つ魅力をありのままに、そして最大限にお伝えできるよう、撮影は全てプロのカメラマンさんにお願いしています。

今日は商品ごとの単品撮影がメイン。

10月に発売を控えた新商品たちが明るいフラッシュを浴びながら撮影されていく様子を、私も感慨深く(且つちょこちょこ口を挟みながら?)見守ります。

撮影された写真はパソコンの画面上でリアルタイムに確認。

「もう少しだけ傾けようか」「ここにシワが入らないように撮り直しましょう」現場では細部にまでこだわったミリ単位での指示が飛んでいました。

そして撮影開始から約6時間後、「全アイテム、OKです!」の声と共に、本日予定していた全16点の撮影が無事終了。撮影スタッフのこだわりと高い技術に助けられ、満足のいく撮影初日となりました。

9月上旬に予定している撮影第2日目には、モデルさんを使った新作ウェアの撮影も予定中! その様子もまたこのブログを通してお伝えできたらと思います。

次号カタログ発行まであと約1か月半。
パンダショップスタッフもただ今チーム一丸となって追い込み作業中です。
本日撮影した新商品も登場するパンダショップ秋冬カタログは、10月中旬リリース予定。みなさまどうぞご期待ください!

 

  • ※今ご請求いただいた方には、2012年春夏カタログをお届けします。
20120831a.jpg

仕上がりイメージを話し合いながら撮影を
進めていきます。

20120831b.jpg

撮影のための商品の配置
(注:遊んでいるワケではありません)

20120831c.jpg

撮影待ちの新商品をちょっとだけ公開!

20120831d.jpg

カタログのデザイナーさんたちも応援に
駆け付けてくださいました。

この記事をシェアする

C&M室 ブランド事業グループ所属
佐多 成子

通販パンダショップの企画運営全般を担当。商品やデザインを通じて、WWFへの理解や支援を募る仕事をしています。

自然むき出しの鹿児島に生まれ育ち、和歌山→大阪→韓国ソウルでの生活を経て、WWFにたどり着きました。自分の興味や感性を活かして環境保全に関われることに感謝する日々です。最近気になる動物はイッカクとコビトイノシシ。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP