全国カレンダー展でWWFのカレンダーが入賞しました


パンダショップの佐多です。
新年あけて早々、嬉しいニュースがありました。

パンダショップでご紹介している「2013岩合光昭カレンダー」が、2013年の第64回・全国カレンダー展で銀賞を受賞したそうです!

これは、動物写真家の岩合光昭の作品を毎年扱ったカレンダーで、オリンパス株式会社が企画・制作し、パンダショップがその寄贈を受けて長年販売しているものです。受賞のことも、オリンパスのご担当の方にお知らせをいただきました。

この全国カレンダー展には、オリジナルのカレンダーを制作している、全国の企業や印刷会社などから800点近い作品の応募があり、東京と大阪では入賞・入選作品の展示会もあるとのこと。

今回受賞した「岩合光昭カレンダー」も、展示されることと思います。

このカレンダー、販売はWWFのパンダショップのみ! 年末年始にはまさに「顔」になってくれる大事な品ですから、私たちとしてもうれしい限りです。

まだ在庫がありますので、「今からでも欲しい!!」という方は、ぜひご注文ください。

本年もよろしくお願いいたします。

 

20130108.jpg

2013年のカレンダーは、アフリカ南部のナミブ砂漠と、そこに生きる野生動物がテーマ。オリックスやダチョウ、海辺のケープペンギンやオットセイなどが登場します。
 

 

この記事をシェアする

ファンドレイジング室 パンダショップ・会報担当
佐多 成子

製品や読み物を通じて、WWFの活動に対してのより深いご理解とより幅広いご支援をいただくための、さまざまな活動に従事しています。
現在は、WWFジャパンの物販部門「パンダショップ」の販促企画や、会報「地球のこと。」の編集などを担当。自分の興味や感性を活かして環境保全活動に携われることに感謝する日々です。

学士(教養学)
大学卒業後、大阪の広告代理店で、各クライアントのマーケティング・プロモーション業務を担当するプランナー職に従事。その後、韓国に渡り、現地でコーディネーター兼ライターとして活動した後、2012年にWWF ジャパンに入局。入局後は、物販部門のパンダショップで商品企画や販促を含むショップの運営全般を担当。育休復帰後には、WWFの会報「地球のこと。」の編集や、寄付キャンペーンの企画にも携わる。
鹿児島県出身、一児の母。最近気になる生きものは、ワライカワセミとヤドクガエル。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP