45回目の誕生日を迎えました


いつしか日傘が雨傘に代わる秋分、皆さまはいかがお過ごしですか? 

事務局長の筒井です。

本日、9月22日にWWFジャパンは45回目の誕生日を迎えました。

1971年にWWFジャパンが設立され以来、皆さまの手で大きく育てて頂きました。

45歳というと、人間なら脂がのった働き盛りの壮年期ですね。

上野動物園の中の一室に事務所を開設してから今日まで。

今では4万8,000名を超える会員の皆さまから力強い後押しをいただき、アジア各国のWWFの中でも、リーダー的な存在となりました。

この力をさらに伸ばし、未来の世代と、皆さまのご期待にそえる活動を、これからも目指していきたいと思います。

そんなわけで、年に一度の創立記念日ではありますが、私たちは通常通り、環境に関連した世界の情報に目を配り、スタッフたちはカンボジアへ、上海へ、またポーランドのフィールドや会合に、忙しく飛び回っています。

今の世界と、「人と自然が調和して生きられる未来」には未だ大きな距離があり、大きな努力を必要とする挑戦がいくつも待ち受けているからです。

日頃ご支援を頂いております皆さまには、今日この日に、あらためて心より御礼申し上げますとともに、今後とも是非ご一緒に、世界の自然保護という歴史的使命を果たし、健やかな地球を引き継いでゆけるよう、ご理解とご支援を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

石垣島白保でもがんばってます!地元の皆さんと共に

関連情報

局長
筒井 隆司

長年にわたる海外勤務を通じ、世界中の人々が願う平和と繁栄の基盤である地球環境が危機的状況にあることを知り、自分に出来る形で何とか環境保護に協力しなくてはと思いました。戸川幸夫氏の高安犬物語が好きで動物の命ももっと大切にしたいと思います

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP