啓蟄と春分


広報の三間です。
今年は3月の5日だったそうですが、古い暦にある二十四節気の一つに「啓蟄」というのがあります。

「蟄」とは、閉じこもった虫のことだそうで、これが「啓」する、つまり開けて出てくる、という季節。
日も長くなってきて、空気も温まり、ながい冬ごもりから覚めた虫やカエルやヘビたちが、土の中から出てくるシーズンということです。

先日、WWFジャパンの事務局にも、カエルが居ることを発見しました。誰の、どこのお土産かわかりませんが、これ木魚ならぬ木蛙です。

全身木でできていて、中空になっており、タテに並んだ背中のイボ?を、付属の棒で軽く撫でると、「ケロケロロ…」となかなか澄んだよい声で鳴きます。

見てくれは明らかにヒキガエル系ですが、鳴き声はアオガエル系?

今年はとりわけ各地で寒い日が長く続きましたが、野や田んぼの周りでは、本物のカエルたちの合唱も、これから本格的になってくるでしょう。

二十四節気で「啓蟄」に続くのは、今日の「春分」。春も本番です。
冬の数カ月、太陽を見ずに過ごしてきた生きものたちに、幸多からんことを!

 

20110313b.jpg

「やれやれ春だ」これは本物のカエル

木のカエルの動画。あまり音が良くない…

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP