「損失と損害」とチョコレート


ポーランド・ワルシャワでの国連の温暖化会議(COP19)が2週目を迎えた18日の朝。

会議場に着くと、板チョコを手渡されました。

ドイツの団体が販売しているもので、収益は、世界各国での植林活動にあてられているとのこと。

気候変動と闘うエネルギーを補給し、国際交渉を明るく変える「チェンジ・チョコレート(変化を起こすチョコレート)」だそうです。

今回の会議には、まさにこのチョコレートが必要とされるような、大きな課題「損失と損害」があります。

これまでの国際交渉は、気候変動を抑える「緩和」と、その被害を軽減する「適応」の2本柱でした。

しかし、それでも温暖化は進行し、被害の規模もさらに拡大すると予想されています。

そこで、気候変動の影響を大きく受けている途上国は、この「損失と損害」を「緩和」と「適応」に次ぐ第3の柱として確立し、そのための国際メカニズムの設立を強く求めてきました。

そして昨年のCOP18の場で、これについての独立した組織を今年のCOP19で立ち上げることが合意されたのです。

しかし、方法論をめぐって、先進国と途上国の意見は対立しています。

WWFは国際NGOのアクション・エイド、ケア・インターナショナルとともに、COP19の開催に合わせて報告書を作成し、記者会見やサイドイベントを行なうなど、早急な国際メカニズムの設立を訴えてきました。

「損失と損害」は、各国の温暖化対策や取り組みのための資金が十分でなく、影響を予防できなかったため、生じた課題です。

いまだに対策に後ろ向きな国々が、この問題に真剣に取り組み、COP19を成功に導いてくれるように。

議論を加速させ、変化を起こしてくれるように、「チェンジ・チョコレート」にも期待したいところです。(温暖化担当:小西)

■関連情報

チェンジ・チョコレート

「損失と損害」をめぐる記者会見で話すWWFインターナショナルのサンディープ・ライ「いまも大地が失われ、人命が奪われている。これ以上の被害を防ぐには、大幅な排出削減が必要だ。まだ時間があると思うのは大きなまちがいだ。われわれには一刻たりとも無駄にできる時間はない」

WWF等が発表した「気候変動の現実と闘う」と題した損害と損失に関する報告書

自然保護室所属 気候変動・エネルギーグループ所属
小西 雅子

国連交渉や国内政策提言に従事。近年は気象予報士として予測できる電源である再生可能エネルギーの拡大に強い関心。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP