世界最小のイルカが絶滅寸前の危機に


ヨウスコウカワイルカという動物をご存じでしょうか。その名の通り、中国の長江(揚子江)にすむ珍しい淡水のイルカです。

しかし、2006年の調査で1頭も確認できず、絶滅したのではないか、というニュースが流れました。

こんなにも科学が進歩して、自然保護活動も盛んになった21世紀に、私たちの目の前で野生生物が絶滅するなんて...。当時大学生だった私は深い衝撃を受けました。

そして先日、今度は別のイルカが絶滅寸前、というニュースが流れました。

世界最小のイルカの一種、ヴァキータ(コガシラネズミイルカ)

ヴァキータ(コガシラネズミイルカ)という、メキシコに生息する、世界最小のイルカの一種です。

長年100頭から多くても数百頭とされ、絶滅が危惧されてきましたが、今年2月に発表された最新の調査結果によると、残る個体は推定30頭。

専門家は早ければ2018年には絶滅する恐れがあるという予測も指摘されています。

危機の原因は、トトアバという大型魚を獲る網に誤ってかかり命を落とす「混獲」。

メキシコのカリフォルニア湾に生息する。

同じく絶滅が危惧されるトトアバは、国際取引がワシントン条約によって禁止されていますが、浮袋が中華料理の高級食材となるため、密漁と違法取引が後を絶ちません。

長年、政府や研究者と共に保全活動を続けてきたWWFメキシコは今、ヴァキータを何としても守るため、関係国政府に対し緊急措置を強く求め、保護を訴えるキャンペーンを計画しています。

対象となる生物だけでなく、他の生物にも危機をもたらす違法取引や密猟。

「混獲」がヴァキータを危機に追いやっているとされています。

日本も野生生物の輸入国、そして原産国として、こうした問題に関係している可能性が十分にあります。

海の向こうの保護活動が成功することを願いつつ、私たちも日本でできること、するべきことに全力を尽くさなければ、と決意を新たにしました。(トラフィック 北出)

関連リンク

網にかかったヴァキータ

自然保護室 トラフィックグループ所属
北出 智美

野生生物取引の調査・アドボカシー(主に国際分野)を担当。

大型犬好きの獣医志望でしたが、世界規模で生物の絶滅が起きているのを知り、無謀にも初の飛行機でカナダの大学に進学。細胞から進化まで生物学の深みに魅せられ、現在は、野生生物を絶滅から守るため、日本や海外のスタッフと活動しています。家では、ヤンチャ男児の子育て中(=体力・気力の限界に挑戦中)ですが、仕事も、家族も、生きがいです。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP