ソニーaiboと一緒に応援しよう!チャリティオークション実施中


こんにちは、法人パートナーシップ担当の小田です。

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、只今、ソニーのチャリティ専用モデルaiboのWWF支援チャリティオークションを実施中です。

実施期間は12月9日(土)午後10時まで。

前にうちの実家で飼っていた先代AIBOはシャープなお顔立ちでしたが、新aiboはまあるい顔につぶらな瞳でまるで生きているよう。

しかも今回は、ソニーが、このチャリティ企画のため、特別に頭と顔がアイボリーホワイトゴールドの特別モデルを提供してくれました!

このチャリティからのご支援は、WWFの生物多様性を守る活動のため活用されることになっています。

2010年に世界の国々が掲げた生物多様性保全のための「愛知目標」。

その期限が2020年に迫る中、日本も、また私たちWWFも、まだまだやるべきことが尽きません。

予算や人手が足りなくて実施を諦めざるをえない保全活動もたくさんあります。

そのような中、ソニーと落札者の皆さんから、今回のように、生物多様性の保全に注目を集めつつ、ご支援をいただけることは、本当に嬉しくありがたいことです。

aiboと一緒に、生きものあふれる豊かな地球をまもる活動を応援してみませんか?

ご興味をお持ちの方は、ぜひオークションサイトをご覧になってみてください。

関連情報

本企画の詳細について

この記事をシェアする

森林・野生保護室 野生生物グループ
小田 倫子

弁護士として10年間稼働後、家族の転勤に伴い沖縄県名護市に居住したことを契機に、自然保護の仕事を志し大学で保全生態学を専攻、2013年WWF入局。法人パートナーシップ担当として生物多様性保全・気候危機対策に関する企業との協働プロジェクトの提案・実施業務を担当後、野生生物グループに異動、今は国内希少種を保全するフィールドプロジェクトを担当。
学士(法学・農学 東京大学)
法学修士(カリフォルニア大学バークレー校)

国内希少種の宝庫である南西諸島で主に活動しています。フィールドで生き物に出会い、その美しさ・不思議さを仲間と分かち合える瞬間が至福の時。趣味は里山散策と水生生物の観察。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP