発表された2020年東京大会の二酸化炭素排出量


2年後に迫った、オリンピック・パラリンピック東京大会。

近年の大会はいずれも環境配慮を謳っていますが、東京大会は特に過去最高の持続可能な大会を目指すとしています。

地球温暖化対策は、その大きな柱の一つ。
なぜなら、競技会場など必要なインフラの整備に際し、多くの二酸化炭素が排出されるからです。

そうした中、大会を運営する組織委員会の有識者委員会の一つ「地球温暖化対策を議論する脱炭素ワーキンググループ」が、1月25日、東京大会で見込まれる二酸化炭素の排出量を発表しました。

2015年にスタートしたこのグループの議論では、温暖化防止の目標や、温室効果ガスの削減手段、また太陽光など再生可能な自然エネルギーをどう使うのかなどが話し合われてきました。

そこで必須とされたのが、大会で排出される二酸化炭素の「算定」です。

技術的にも難しく、なかなか数字が出なかったのですが、それがついに発表された形です。

それによると、東京大会の見込み排出量は301万トン。ロンドン大会の345万トンを、約44万トン下回りました。

東京は輸送インフラがもともと整った成熟都市であるため、新たな整備を要したロンドン大会より低い結果となったようです。

さらに会場計画の見直しにより、もう8万トン減る、という見込みも発表されました。

しかし、これはまだスタートライン。

なぜなら、省エネや再生可能エネルギーを最大限導入すれば、さらなる削減が期待できるからです。

オリンピック大会でのこうした社会的な取り組みは、大会後に向けた「レガシー(遺産)」としての価値も持っています。

ここで「持続可能」な未来につながる夢がどれくらい実現できるか。WWFも引き続き注目していきます。(広報担当 三間)

関連情報

関連記事

この記事をシェアする

C&M室 メディアグループ長 WEBチーム所属
三間 淳吉

デジタルメディア等々担当していますが、普通に本が好きです。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然保護や野生生物のことをお伝えしてゆきたいと思います。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP