「オリンパスWWFカレンダー」30周年記念!特典ポストカードの絵柄が決定


こんにちは、パンダショップの佐多です。
先日、皆さまに人気投票にご協力いただいた、「オリンパスWWFカレンダー」30周年記念企画。

動物写真家・岩合光昭さんの写真によるこのカレンダーは、パンダショップでも絶大な人気を誇るロングセラーで、2015年版で30年の節目を迎えます。

30年の軌跡に感謝の意を込めて、岩合さんのご協力のもと、記念ポストカードの製作が決定。ポストカードの絵柄は、皆さまによる人気投票で選ぶことになりました。

おかげさまで、延べ2,712名もの方にご参加いただき、このたびポストカードの絵柄が決定!

2015年版岩合光昭カレンダー(写真をクリックすると商品ページに遷移します)

短い期間にも関わらずたくさんの方にご投票いただけたのも、岩合さんのレンズがとらえた選りすぐりの自然風景や野生動物たちが飾るこのカレンダーが、長きにわたって愛されてきたからだと感じました。

たくさんの皆さまのご参加、誠にありがとうございました。

そして気になる結果は...
アザラシ、ペンギン、パンダ、ライオン、オランウータンの中から選ばれたのは、パンダ(791票)とペンギン(620票)です。次点には、オランウータン(537票)が続きました。

1位、2位を獲得した絵柄をあしらったポストカードは、現在「PANDA SHOP」で販売中の2015年版カレンダーのご購入者、先着1,000名様にプレゼントいたします!

今回のカレンダーのテーマは「Ngorongoro」、アフリカ・タンザニアのンゴロンゴロ保全地域が舞台となっています。

若いオスライオンが表紙を飾るこの一冊に掲載される写真は、本カレンダーのためだけの撮り下ろし!美しい生きものたちの野生の姿を、多くの方にご覧いただければ幸いです。

カレンダーをご購入いただいた先着1,000名様にポストカードをプレゼントいたします!

この記事をシェアする

ファンドレイジング室 パンダショップ・会報担当
佐多 成子

製品や読み物を通じて、WWFの活動に対してのより深いご理解とより幅広いご支援をいただくための、さまざまな活動に従事しています。
現在は、WWFジャパンの物販部門「パンダショップ」の販促企画や、会報「地球のこと。」の編集などを担当。自分の興味や感性を活かして環境保全活動に携われることに感謝する日々です。

学士(教養学)
大学卒業後、大阪の広告代理店で、各クライアントのマーケティング・プロモーション業務を担当するプランナー職に従事。その後、韓国に渡り、現地でコーディネーター兼ライターとして活動した後、2012年にWWF ジャパンに入局。入局後は、物販部門のパンダショップで商品企画や販促を含むショップの運営全般を担当。育休復帰後には、WWFの会報「地球のこと。」の編集や、寄付キャンペーンの企画にも携わる。
鹿児島県出身、一児の母。最近気になる生きものは、ワライカワセミとヤドクガエル。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP