お洒落な空間で取材中!海を守る日本の起業家支援プログラム


こんにちは、広報の松岡です。
11月に始まった、海の環境や水産資源に配慮した「持続可能な水産業」を志す企業家を支援する「Oceanチャレンジプログラム」の取材現場に来ています!

雑誌社の取材を受けているのは、今回WWFジャパンと共同でこのプログラムを実施する、Impact Hub Tokyo代表の槌屋詩野さん。

社会課題の解決を目指す起業家の育成プログラムを運営するImpact Hubは、海外のWWFとこれまでも共同でプログラムを実施してきたのですが、日本では今回が初めて。

Impact Hub Tokyoの槌屋詩野さん。

「持続可能な水産業」や「起業家の育成」というと、なんだか難しく感じてしまうかもしれませんが、この取材中に改めて感じたのは、「地球の自然も、人々の暮らしも、無理のないようにずっと続けていける仕組みを作りたい人を、応援したい」という、槌屋さんの純粋で柔らかな想い。

海の環境が守られ、水産物を捕り過ぎないよう資源量管理をすることで、海の生物やその恵みがずっと未来へ繋いでいけるように。

自然に配慮をしながらも、事業が適切な収益を上げ、事業に携わる人々が適切な対価を得て暮らしていけるように。

取材の様子。オフィスは閉鎖した印刷工場のリノベーションで、内装は、古民家の床に敷いてあった木や、不要になったものをリサイクルした、エコでお洒落な手作りです

そのための労働環境も、平等で過剰な負荷のない、人にやさしい仕組みであり続けるように。

私たちも、そんな「持続可能な水産業」を目指す方々を、事業規模の大小に関わらず応援したい!と感じていたので、今回のプログラムにどんな方が、どんなアイディアで参加してくださるのか?とてもワクワクしています。

今後は、来年1月8日に参加者の応募を締め切り、選考を経て参加者を決定する予定です。

また、12月16日午後3時35分からはFMヨコハマの番組「YES! for you」でも、このプログラムについてご紹介いただきます。ぜひお聞きください!

関連情報

持続可能なシーフードの証であるMSCとASCのラベル

この記事をシェアする

遺贈相談担当
松岡 永里子

遺言書によるご逝去後の寄付「遺贈(いぞう)」のご相談や事務手続きを専任で担当。遺言書は、法的に有効になるような書式、内容に決まりがたくさん!不備があると無効になったり、ご親族間のトラブルになってしまいます。大切なご支援者様の希望が実現できるよう、そしてご親族が悲しい想いをされないよう、全力でサポートします。WWFの活動紹介はもちろん、寄付の用途指定や、不動産や有価証券のご寄付、終活全般もお気軽にご相談ください。匿名でも承ります。

動物が好きで、もともとWWF個人会員でした。自分も何か貢献したいと思い、海外WWFでウミガメ保護現場のアシスタントを経て、WWFジャパンに応募。日々さまざまな会員様とお話しする中で、お寄せいただくお気持ちや人生観、ご事情は本当に十人十色。純粋に動物や自然を大切に想ってくださる方々のご厚意は、なるべくお気持ちに沿ってきちんと受け継ぎ、活動に活かせればと思っています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP