東日本大震災 市民のつどい「Peace On Earth」明日からです!


3月11日まで、あと2日。
東日本大震災からまる2年が経とうとしています。

最近になって再び、被災地の今を、また当時の様子を、各メディアもさかんに取り上げ始めました。

3月11日、何をしましょう? 被災地への祈り。被害者の方々への黙祷。あの日の自分を、家族を、思い出すこと。そしてこれからの未来を、今一度、よく考えてみること。

それを、みんなでやってみる、というのもアリだとおもいます。

明日、3月10日の日曜日と、当日11日の月曜日、東京の日比谷公園で開催される、「311 東日本大震災 市民のつどい~Peace On Earth~」は、そんな一つの機会になると思います。

WWFも「NGO/NPOビレッジ」にブースを出展します。首都圏在住の方、お近くにお越しの方は、ぜひご参加ください。(広報:三間)

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP