環境月間に学ぼう、地球にちょうどいい生きかた


サポーター事業室の小田です。
6月の環境月間、IKEA各ストアで、節電や食などを通じて「サステナブルな暮らし」や「地球にちょうどいい生き方」を学ぶさまざまなイベントやキャンペーンを実施します。

今年WWFとIKEAはグローバルパートナーシップ10周年。
これまで、地球温暖化対策や持続可能な木材やコットンの調達など、世界各地でさまざまな取り組みを一緒に進めてきました。

そんなIKEAのストアで、おとなも子どもも一緒に、クイズラリーやキャンドル作りに参加したり、WWFのパネルや映像を見たりして、地球1個分の暮らしかたを学ぼうという催しです。

一部のイベント参加者には、かわいいパンダ親子が出てくる"One Planet Lifestyle"冊子をプレゼント!

「地球にちょうどいい生きかた」について、大切な人と一緒に考える機会にしませんか? イベントへの参加をお待ちしています。

★イベントの内容、場所、スケジュールについては、IKEA各ストアのサイトでご確認ください。

この記事をシェアする

森林・野生保護室 野生生物グループ
小田 倫子

弁護士として10年間稼働後、家族の転勤に伴い沖縄県名護市に居住したことを契機に、自然保護の仕事を志し大学で保全生態学を専攻、2013年WWF入局。法人パートナーシップ担当として生物多様性保全・気候危機対策に関する企業との協働プロジェクトの提案・実施業務を担当後、野生生物グループに異動、今は国内希少種を保全するフィールドプロジェクトを担当。
学士(法学・農学 東京大学)
法学修士(カリフォルニア大学バークレー校)

国内希少種の宝庫である南西諸島で主に活動しています。フィールドで生き物に出会い、その美しさ・不思議さを仲間と分かち合える瞬間が至福の時。趣味は里山散策と水生生物の観察。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP