出かけてみませんか? 秋の気配を感じる「FSCの森」


こんにちは、森林担当の古澤です。
森を守りながら木を使う、そんな取り組みの証である「FSC®」のマーク、皆さまご存知でしょうか?

最近は、木材製品だけでなく、ノートやトイレットペーパー、雑誌類など、いろいろな紙製品でも、このマークを付けたものを身近に見かけるようになりました。

こうした品々は、地域の自然や社会に配慮し、他の木材とも混ざらないように生産され、流通・販売されています。

FSC(R)のマーク

そんなFSC認証木材を生み出す源である森の現場を、この秋に、実際に見てみませんか?

9月12日(土)、FSCの森を「知る・見る・食べる」エコツアーが開催されます。

場所は、東京都檜原村、田中林業さんの「FSCの森」。参加費は無料!です。

森を1キロほど歩きながら動植物を観察し、お昼にはFSCの薪を使って焼いたピザを頂きます。落ち葉や木の実などを使った、クラフト工作なども予定!

お子さまにもお楽しみいただけるかと思いますので、ご家族でのご参加も歓迎です。

世界の各地で森林の保全に大きく貢献している「FSCの森」。

その現場を体感していただける貴重な機会になります。ぜひご参加ください!

【イベント紹介】9月4日〆切です!

★WWFのスタッフも参加します!

【関連情報】

生物多様性に配慮して管理されているFSCの森。スギやヒノキばかりの人工林と異なり、植物の多様性にも富んでいます。

この記事をシェアする

自然保護室 森林グループ所属
古澤 千明

主にミャンマーとタイを担当しています。紙や天然ゴムといった森林資源に由来する暮らしに欠かせないものの持続可能な利用にも取り組んでいます。

昔から自然や生き物への興味はあったけどまさかWWFで働くことになるとは思わなかった(笑)。自然科学や生物のスペシャリストではない自分だからこそ、得られる理解・賛同もある!と信じつつ、そうは言っても日々勉強。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP