エコなCOP21でエコ未来のルールを作る!


フランス・パリのCOP21会場より、温暖化担当の小西です。

温暖化防止のための国連会議であるCOP21は、当然ながら徹底した環境配慮をうたっています。

会場内のシャトルバスは当然ハイブリッド。書類はすべて電子版。また最初にオシャレな水筒が配られ、会場内の水サーバーには紙コップも置いてありません。

会場内カフェのコーヒーも、すべてエコカップに入っていて、戻せば1ユーロ返ってくるので誰もがきちんと戻しています。とにかく会場内のごみ箱の少ないこと!

おまけにそのエコカップもオシャレなんですね~ つい返却せずに、お土産としてもって帰る私でした。

さらに町を走るタクシーも、窓に1キロ当たりのCO2(二酸化炭素)排出量を掲示!

中には、「排出量最小!」を宣伝する、ハイブリッドカーを使ったタクシー会社までありました。

カフェのエコカップ。緑の葉をバックにしたエッフェルタワーのCOP21の図柄で実にかわいい

タクシーの窓のCO2の排出量提示。環境配慮が売りになる時代を感じます

さすがはヨーロッパ、こんなにエコが徹底しているんだ! と感心していたら、WWFフランスの同僚に「そんなの当り前だけど?」と不思議そうに返されました。

ムム...、日本でもタクシーがCO2排出量を宣伝に使うような時代が来てほしいものです!

夢はどんどん膨らみますが、まさにエコが当たり前になる、そんな社会の将来を決めるのが、今回のCOP21です。

再生可能な自然エネルギーに支えられた世界を導くための共通の国際ルール作りが、今行なわれているのです。

各国の利害が衝突する熾烈な交渉現場ですが、未来を創る夢を持って追っていきたいと思います。

ホスト国のフランスは原発への依存度が世界一の国。会場周辺ではそれに対する抗議の意志も示されています。フランス政府はこの夏、2025年までに原発依存度を75%から50%に引き下げ、同時に化石燃料の使用とCO2の排出を大幅に削減する法案を可決しました。

エコとは関係ないですが、会場内にはパン工房もあり、2万人の参加者に食を供しています。

自然保護室所属 気候変動・エネルギーグループ所属
小西 雅子

国連交渉や国内政策提言に従事。近年は気象予報士として予測できる電源である再生可能エネルギーの拡大に強い関心。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP