ご近所の朗報


Web担当の三間です。
昨日から世界中が注目していた、チリの鉱山事故で生き埋めになっていた方々の救出作戦。成功して本当によかったですね。

実は、WWFジャパンの事務局が入っている、東京・港区のビルの、ちょうどま上のフロアがチリ大使館で、昨日から取材の報道陣が入れ替わりで押しかけてきていました。

今回の成功を、大使館員の皆さんも本当に喜んでいらっしゃるとの事。心ばかりですがお祝いにと、WWFジャパンのスタッフからも、大使館にお花を贈らせていただきました。

救出された方の中には、重篤な方もいらっしゃると聞きます。一日も早い回復をお祈りしたいと思います。

20101014a.jpg

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP