どうぶつ社の36年に思いを馳せて


広報の佐久間です。今日は、寂しいお知らせです。

36年間、野生の生きものたちをテーマにした書籍をたくさん出版してきた「どうぶつ社」さんが、今年12月で出版活動を休止されることになってしまいました。

WWFジャパン事務局の本棚にも、どうぶつ社発行の書籍がたくさんあります。『雁よ渡れ』『金沢城のヒキガエル』『野生のパンダ』『ペンギンハンドブック』『ハンター&ハンティッド』など、どれも印象深い本ばかりです。

現在、東京・池袋のジュンク堂書店7階理工書売り場では、どうぶつ社の36年にわたる仕事と功績を振り返ろうと、ブックフェアが行なわれています。展示のみの書籍もありますが、まだ購入できる本もあります。

会場には、どうぶつ社の本に思い入れを持つ多くの人々から寄せられたコメントも、所狭しと並んでいます。

中には、写真家の岩合光昭さん、今森光彦さん、動物画家の田中豊美さん、生物学者の福岡伸一さんのお名前も。恥ずかしながらWWFからもひとこと、お寄せしています。

どうぶつ社ブックフェアは、12月10日(月)までの開催です(月~土10:00~23:00、日・祝10:00~22:00、最終日のみ16:00終了)。来年には店頭から消えてしまうどうぶつ社の本たちが、一堂に会する貴重なチャンス。

もし池袋周辺にいらっしゃる機会がございましたら、ぜひ、お立ち寄りください。

 

20121201r1.jpg
20121201r2.jpg

どうぶつ社に寄せられたたくさんのコメント

20121201r3.jpg

ジュンク堂池袋店の7階には、WWFコーナーもあります。各種パンフレットや会報のバックナンバーをお持ち帰りいただけます。

この記事をシェアする

C&M室
佐久間 浩子

WWFではずっと「伝える」ことに携わってきました。今は会報を担当しています。

なにごとも決めつけてはいけない。知ったつもりになるな。複雑なものを、複雑なまま受け止める覚悟を持て。想像力を磨き、ヒトの尺度を超える努力をせよーー動物や植物に教えられたことを胸に、人と自然の問題に向き合い続けたいと思います。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP