一見、ペイズリー。よくよく見れば...「!」


スカーフやネクタイの柄として、よく目にする「ペイズリー」。実は、地名だということをご存知でしたか?

19世紀、スコットランドにあるペイズリー(Paisley)という町で、この模様をあしらったショールがさかんに生産されたことから、模様そのものの名称にもなったのだそうです。

このペイズリー模様、モチーフは草花や樹木だとの説が有力ですが、ゾウリムシを連想する人も少なくないようです。

WWFでも、チリの海に暮らす生きものについての情報をまとめているときに、そういえば海の生きものって、ペイズリーのモチーフになりそうだよね、という話になりました。

そして、生まれたのが「FOREVER BLUE バンダナ」です。

一見、普通のペイズリー模様ですが、よく見ると、WWFが保全に取り組む南米・チリ共和国の海の生きものたちが、いくつも目に飛び込んできます。

マゼランペンギン、シロナガスクジラ、チリイルカ(ハラジロイルカ)をはじめ、ミナミウミカワウソやサカツラウ(鵜)、ミナミアメリカオットセイ...

こうした生きものたちは今、日本にもたくさん輸出されているサケ(鮭)の養殖のために、すみかの破壊や海の汚染などに、おびやかされています。

そんな悲しい状況に終止符を打ち、命あふれるチリの海を守ることをめざして、WWFでは、サケ養殖を環境に配慮した形に改善する活動に取り組んでいます。

チリの生きものいっぱいの「FOREVER BLUE バンダナ」は、この活動をご支援くださった方に、お礼として差し上げています(9月30日まで)。

もし、ご関心を持っていただけましたら、ぜひぜひ、こちらにアクセスしてみてください。
(C&M室 佐久間)

ご支援のお願い

遠くても、実はつながりの深い、チリの海と日本。命の海を未来へつなぐ活動を継続するためのご支援をお願いいたします。

C&M室
佐久間 浩子

WWFではずっと「伝える」ことに携わってきました。今は会報を担当しています。

なにごとも決めつけてはいけない。知ったつもりになるな。複雑なものを、複雑なまま受け止める覚悟を持て。想像力を磨き、ヒトの尺度を超える努力をせよーー動物や植物に教えられたことを胸に、人と自然の問題に向き合い続けたいと思います。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP