5月5日「こどもの日」に、3頭のシベリアトラの仔トラをどうぞ!


母トラのあとをついて歩く仔トラたち

こんにちは、広報室の山本です。

昨年末、ロシア、ウラジオストクで開催されたシンポジウムで、シベリアトラ(アムールトラ)保護活動の成果によって増加傾向にあることが確認されました。

その個体数の調査や識別に使われるのが、赤外線で自動的にシャッターを切るカメラトラップ。

動物たちがまるでセルフィー(自撮り)をしているかのような画像や、不思議な行動をしている貴重な映像が撮影されることもあり、調査では大きな役割を担っています。

そんな中、極東ロシアのハバロフスク地方南部のアニュイスキー国立公園で、なんとも可愛らしい3頭のシベリアトラの仔トラたちがカメラトラップにおさめられました!

もふもふの足で体をかいたり、母トラの後を歩く姿などとても愛らしい姿を見せてくれています。

この場所で、親子の姿が捉えられるのは、4年間続けられてきた調査でも初めてのことだそう。

何より、新しい命の誕生と、仔トラの順調な成長は、国立公園内でトラの繁殖に適した環境が整いつつあることの証であり、活動の成果のあらわれでもあります。

極東ロシアの森。写真が撮られた3月は、気温がマイナス10度より下がることも。

自動カメラ(カメラトラップ)が捉えた仔トラ

アニュイスキー国立公園内には30機のカメラトラップが仕掛けられていて、2015年には、生息が確認されていた少なくとも12頭のシベリアトラのうち10頭の姿が撮影されました。

そして現在、5月の終了に向けて、新たに60機のカメラトラップがWWFの支援により増設されようとしています。

得られた調査結果は、国立公園内に生息するトラの個体数の推定と今後の保護活動に役立てられる予定です。

極東ロシアの森に生息するトラたちがしっかりと未来に命を引き継いでいけるように。

これからもWWFロシアが国立公園当局や現地のNGOと協力して取り組む活動を、支援してゆきたいと思います。

 

【関連情報】

後足でかきかき

兄弟で戯れる様子。残念ながら3頭が一度に写った写真はありませんでしたが、模様が異なる点などから、3頭いることが確認されたようです。

C&M室 メディアグループ所属
山本 亜沙美

プレス担当。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です!この仕事に就くキッカケとなった海牛類のマナティとジュゴンなどモフモフよりもヌメッとした動物が好みですが、最近パンダに浮気中。『ゆるく完璧に』中立的な目線でWWFとみなさまをつなぐ仕事をしています♪

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP