いよいよCOP22スタート!順調な滑り出し


温暖化・エネルギー担当の山岸です。

モロッコ・マラケシュでの国連気候変動会議・COP22がいよいよ始まりました。

初日の今日は、あいにくと早朝から雨。

しかも、昨日は、半袖で充分なくらいの暑さだったのに、今日はネクタイを締めたスーツでも寒いくらいでした。

初日ということで、まずは開会式および全体総会が開かれました。

COP22会場への入口の一つ

今回のCOP議長であるモロッコのメズアール外務大臣や条約事務局長などから、それぞれ開会に際してのスピーチがあり、セレモニーが執り行われたあと、議題の採択や各交渉グループからの声明へと流れていきました。

国連の気候変動会議では、実はこの「議題の採択」というのが結構クセモノで、対立が厳しいときは、ここで大きく時間をとられることも珍しくありません。

「どんなことを議論するのか」という話をする時点で、熾烈な交渉が既に始まっているからで、過去にも、極端な時はそれだけで1週間(!)かかったこともあります。

入場のための登録・バッジ受け取りに行く人たち

今回も、少し議論はありましたが、比較的スムーズな滑り出しを見せ、無事に議題は採択し終わりました。

多くの国々の発言の中で、「パリ協定の早期発効」を歓迎し、その勢いを大事にするべきだ、という発言が聞かれました。

今回のCOP22以降の会議の大きな役目は、昨年の「パリ協定」という大きな約束を、確実に実施に移していくための細かいルール作りを進めることです。

明日以降、いよいよ本格的な交渉へと移っていきます。私たちも、各国政府代表団との意見交換の申し込みなどを開始しました。

完全に出遅れる形になりましたが、ちょうど先ほど、衆議院本会議でパリ協定の批准が承認された日本政府にも、存在感の低下を挽回する積極的な活躍を見せてほしいところです。

交渉の模様についても、順次お伝えしていきます。

関連情報

現地より動画配信中!

COP22会場より、WWFジャパンのスタッフが現地の様子をお届けしています。

この記事をシェアする

自然保護室 気候変動・エネルギーグループ所属
山岸 尚之

国連交渉や国内の気候・エネルギー政策でのアドボカシー(提言)活動を担当。

京都議定書が採択されたときに、当地で学生だったことがきっかけでこの分野に関心をもち、大学院を経てWWFに。以来、気候変動(地球温暖化)という地球規模の問題の中で、NGOがどんな役割を果たせるのか、試行錯誤を重ねています。WWFの国際チームの中でやる仕事は、大変ですがやりがいを感じています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP