© Greg Armfield / WWF-UK

47回目の設立記念日を迎えて


皆さまこんにちは!事務局長の筒井です。
本日、9月22日にWWFジャパンは47回目の設立記念日を迎えました。これまでさまざまな応援を賜ってきた全ての皆さまに、事務局を代表し、心からお礼申し上げます。
今年は、苛烈極まる猛暑日の連続、そして豪雨災害に、日本中が震撼しました。
被災された多くの方々には、衷心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を願っております。
こうした自然の猛威は、人が歴史の中で幾度も体験してきたもかもしれません。
しかし、近年は人の手によって引き起こされた気候変動(地球温暖化)との関係も指摘されるようになってきました。

© naturepl.com / Andy Rouse / WWF

人間には自分たちの行動を客観的に評価し、過ちに気付いて修正する能力がある一方で、「正常性バイアス」という都合の悪い情報を無視したり、楽観視する傾向もあります。
実際に脅威を目の当たりにすると、私たちは超えてはならない「帰還不能点」を既に通り過ぎてしまったのではないか、と不安さえ感じることがあります。
しかし、だからこそ、長い歴史の中で科されたかつてない大きな責任を、私たちは果たしてゆかねばなりません。

最近、国連会議などの場でも、ノン・ステートアクター(非国家主体)と言われる、自治体や企業、私たちのようなNGO(非政府組織)、学術機関などが、当事者意識をもって行動を起こし、お互いの得意分野を生かして対策に取り組むようになりました。
対立や批判から協働に進化させなければ、地球全体の大きな課題には対処できないのです。

  • さらに表示する
©WWFジャパン

COP23でのWWFによるサイドイベント

私たちの世代に与えられた「美しい地球を継承する」という使命を果たすのは容易ではありません。
皆さまのご理解とご支援が必要です。
ぜひ、私たちと一緒に「人類が自然と調和して生きる社会」を実現してゆきましょう。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

©WWFジャパン

この記事をシェアする

局長
筒井 隆司

長年にわたる海外勤務を通じ、世界中の人々が願う平和と繁栄の基盤である地球環境が危機的状況にあることを知り、自分に出来る形で何とか環境保護に協力しなくてはと思いました。戸川幸夫氏の高安犬物語が好きで動物の命ももっと大切にしたいと思います

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP