[COP10関連] インビテーション(招待状)配りに奔走中


森林広報担当の古澤です。
今、WWFが今晩開催する予定の、スマトラ・サイドイベント用の招待状を作って、配っています。

スマトラ島の関係者はもちろんのこと、保護区の設立に携わっている国連機関、いろんな国の政府代表団、研究機関、国際銀行、企業の方々などなどなど、来て欲しい人はたくさんいます。そこで、招待状を持って会議場内を駆けまわっているのです!

私たちWWFの森林の担当は、COP10の全体会合が行なわれるメインホールの周辺(ロビー)で、会議が始まる前に、各国代表団のところに直接話しかけに行って、スマトラで行なわれている熱帯林保全の取り組みや、計画的な土地管理の重要性、そして、苦労して作り上げた管理計画を活かすためにはどうすればいいか、などなど色々な情報をインプットしています。

こうした情報を提供する(押し付ける?)ことで、関係各国の意思や姿勢を確認し、また協力を頼みこんで、会議全体の流れを意欲的な保全の方向へ引っ張ろう!というわけです。

今、このロビー活動に併せて、招待状をさまざまな人にお渡ししています。 
森の自然を守るための保護区や管理地域も、ただ作るだけでなく、ちゃんと運営していかなければ、保護の効果はあがりません。
そのためには、いろんな関係機関の協力が欠かせないのです!

イベントは、人にたくさん来てもらってナンボ、まだ時間があるので、もう一回りしてきます!

 

 

20101022n.jpg

これがインビテーション(招待状)。条約事務局の正式なものです

20101022m.jpg

本会議場の様子。私たちにとっては、ここに入る手前の「ロビー」が一つの勝負の場です!

この記事をシェアする

自然保護室 森林グループ所属
古澤 千明

主にミャンマーとタイを担当しています。紙や天然ゴムといった森林資源に由来する暮らしに欠かせないものの持続可能な利用にも取り組んでいます。

昔から自然や生き物への興味はあったけどまさかWWFで働くことになるとは思わなかった(笑)。自然科学や生物のスペシャリストではない自分だからこそ、得られる理解・賛同もある!と信じつつ、そうは言っても日々勉強。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP