「エネルギーの選択」について考える!日比谷でイベント開催


温暖化担当の小西です。
日曜日に「地球温暖化から見たエネルギーの選択」というシンポジウムを、温暖化やエネルギー問題に取り組む他の団体と共催しました。

温暖化やエネルギーに関心がない、という方にも、なるべく多く来ていただけたら… ということで、今回は日本テレビの人気天気キャスター木原実さんに司会をお願いし、めちゃくちゃご案内にがんばりました。

そのかいあって、当日は高校生からご年配の方まで、150名がご参加くださり、日比谷公園の新しいホールで温暖化とエネルギーの選択肢について勉強し、熱く議論し、意見書を書きました。

温暖化の科学については江守正多先生、国際交渉については政府の温暖化対策の委員会委員でもある高村ゆかり先生、二人の日本の第一人者にお出でいただき、温暖化の科学から、原発、自然エネルギーの可能性、どれくらいコストがかかるのか、など話し合ったのです。

会場からは対応しきれないほど質問や意見が飛び出し、木原さんも大忙し!冗談で会場をどっとわかせながら、テンポよく話を盛り上げてくれました。

最後には日本を代表する経済学者で、政府のエネルギー選択肢の委員会の中心人物でもある植田先生もご到着され、会場はさらに熱気で溢れました。

終わりにWWFから、今募集されているエネルギー選択肢について「意見書を書きましょう」と呼びかけました。今集計中ですが、原発ゼロシナリオ+温暖化対策強化を選ぶ方が多い模様です。

また、アンケートには「難しい温暖化とエネルギーの話がわかりやすくてよかった!もっと人に伝えたい!」という言葉が踊っており、涙が出そうになった小西でした。

こうした大きなシンポジウムを開催するのは、本当に大変… なのですが! 皆さんと一緒に考える機会を作れるのはとても嬉しいことです。

エネルギーと温暖化の選択肢に関する意見書を政府へ提出できるのは、8月12日まで。皆さんもぜひ参加してくださいね!

20120724blog1.jpg

ディスカッションの司会をしてくれた木原実さん。さすがのトークでした!

20120724blog2.jpg

江守先生による、温暖化の科学についての解説

20120724blog3.jpg

熱気にあふれた会場。意見書はほとんどの参加者の方が書いてくれました。

当日の動画はこちらでご覧いただけます
前半 ▼後半

自然保護室所属 気候変動・エネルギーグループ所属
小西 雅子

国連交渉や国内政策提言に従事。近年は気象予報士として予測できる電源である再生可能エネルギーの拡大に強い関心。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP