ボルネオで「森の人」オランウータンの親子と遭遇


自然保護室の小林です。
先日、東南アジア赤道直下のボルネオ島サバ州に行ってまいりました。

今、私たちは、サバ州の北東に位置する北ウルセガマという場所の森でオランウータンを守るための活動をしています。

オランウータンの生息密度が高いことで知られるこの森は、実は違法伐採やアブラヤシ農園開墾のために劣化・縮小してしまい、オランウータンの個体数がわずか数年で劇的に減ってしまったのです。

この森をもう一度オランウータンにとって良い森にしようと、WWFだけでなく、サバ州政府や地元の財団が協力し合って、植林を中心とした森林再生活動を行なっています。

具体的にどんな活動をしているの?というお話は別の機会に譲ることにして、今回はうれしいニュースをお伝えしようと思います。

なんと今回の現場訪問の際に、植林活動を行なった場所でオランウータンの母子と出会うことが出来ました!

森林再生活動と並行してオランウータンの調査も行なわれているのですが、調査チームのメンバーによると、今まで観察されたことのない個体とのこと!

少しずつ、ですが、オランウータンたちが暮らしやすい森に近づいているのかな、とうれしくなりました。

それにしても、オランウータンが悠々と木の上を移動していく様子は、何度見ても感動する光景です。

オランウータンというのは、マレー語で森の人(Orang=人、Hutan=森)を意味します。

森の人と私たち人間がともに生きていける。そんな未来を築いていくために、活動を続けていきたいと思っております。

 

関連情報

オランウータンのすむ森

植林で森を再生する取り組みが進んでいます

出会えたオランウータン!

きれいな木の実、ではありません。実はタマヤスデという虫

自然保護室 国内グループ所属
小林 俊介

WWFサンゴ礁保護研究センター・センター長。石垣島白保から、南西諸島の豊かな自然を守るためのプロジェクトを担当。

子供のころからの動物好きが高じて、東南アジアでの野生動物の研究に携わった後、WWFへ。森林関連の仕事に従事した後、石垣島白保の担当に。地域の声を大切にしながら、豊かな南西諸島の自然を守っていけるよう、微力ながら尽力します。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP