ガジャー!ガジャーだ!


ボルネオ島のサバ州より、自然保護室の小林です。

今、サバの北ウルセガマで行なわれている森林再生プロジェクトの現場に来ています。

ここは、オランウータンの密度が非常に高い場所ですが、森林伐採により大きなダメージを受けてきました。その森林を再生すべく、現地スタッフは日々頑張っています。

そんな現場で、一仕事を終えてスタッフ用の小屋で休んでいたところ... オランウータンと遭遇!

状態の良い森でも、なかなか出会えないオランウータンなのですが、ここでは比較的よく見られます。

はっきりとした理由はわかりませんが、森が荒れていて高木が少ないために観察がしやすいというのが一つ、そしてやはり生息密度が高いのでしょうね。

なんて、物思いにふけっていたら、「ガジャー!ガジャーだ!」と現地スタッフの声が!そう、ガジャーとは、マレー語でゾウのこと! 急いで外に飛び出しました。

なかなか出会うことのできない野生動物との出会いにまたまた感動。

話を聞いていると、このゾウはよく小屋のそばにあらわれるそうで、現地のスタッフに「コヤック」と名付けられています。

「コヤック」は「破る」とかそういった意味で、理由を尋ねてみたところ、WWFのサインボードを壊してしまったんだそうです!苦笑

また、こうしたゾウが、森林再生のために植えた木々を、踏み倒したり、折ったりすることもあります。

つまりせっかくの植林を邪魔するわけですが、自然が相手ですから、なかなか一筋縄ではいきません。

そんな中でも笑顔を絶やさず、懸命に働いてくれている現場のスタッフたちに、ボルネオの森や動物たちへの思い入れの強さを感じました。負けてられんな!と心を新たにした次第です。

▼関連記事▼

ボルネオに生息するゾウは、ボルネオゾウとかピグミーエレファントといわれて、世界で一番小さいゾウとして知られていますが、彼らもまた、生息数を減らしています。

出会ったメスのオランウータン。その仔と思われる2頭も見ることができました。

この記事をシェアする

自然保護室 国内グループ所属
小林 俊介

WWFサンゴ礁保護研究センター・センター長。石垣島白保から、南西諸島の豊かな自然を守るためのプロジェクトを担当。

子供のころからの動物好きが高じて、東南アジアでの野生動物の研究に携わった後、WWFへ。森林関連の仕事に従事した後、石垣島白保の担当に。地域の声を大切にしながら、豊かな南西諸島の自然を守っていけるよう、微力ながら尽力します。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP