「幸せの国」ブータンに迫るトークショーを開催!


こんにちは、広報の増本です。
WWFジャパンもブース出展している、日本橋三越本店で開催中のブータンウィークに行ってきました。

「国民総幸福量」で広く知られるところとなったブータンですが、その魅力に日本で触れられる機会はそう多くはありません。ブータンウィークでは、ブータンの食べものや本、工芸品の紹介や、音楽の生演奏が楽しめます。

加えて、ブータンウィークの目玉といえるのが、ブータンにゆかりのある方々によるトークショー。WWFジャパンでは、明日3/28(金)、2本のトークショーに出演します!

12時30分からは、歌手でWWFジャパン顧問でもある加藤登紀子さんによる、『ブータンの美しい暮らし、自然の豊かさ』。

自らブータンを訪れたご経験から、ブータンの人々が豊かな自然とともに生活している様子をお伝えします。さらに、首都ティンプーで地元のアーティストと開催したライブ映像なども交え、ブータンに生きる人々の息遣いを感じていただきます。

14時からは、WWFジャパンのブータン担当・岡安直比とともに、WWFブータンのスタッフも登壇。『ブータン南部、知られざる動物たちの楽園』と題して、山と森の国ブータンの自然と野生生物、そして豊かな環境を守るWWFの活動についてお話します。

マナスと呼ばれる南部地域は、自然破壊が進むアジア地域の中にあって「動物たちの楽園」ともいえる、特に貴重な景観がのこる場所です。会場では、ブータンの豊かな自然とWWFの活動をご紹介する映像もご覧いただけます。

トークショーは、3/26(水)~31(月)の期間中、毎日開催されています。申込不要ですので、お買いものの合間にお気軽にお立ち寄りください。

なお、会場では、民族衣装を着たブータンからの留学生がお客様を出迎えていました。覚えたての日本語で、一生懸命ブータンの魅力を伝えようとしてくれる彼・彼女たちを囲んで、会場ではいくつもの交流の輪ができていました。

▼関連リンク▼

ブータンウィークのWWFブースの様子。

歌手でWWFジャパン顧問の加藤登紀子さん。

ブータンの自然とWWFの活動を伝える映像を会場で流しています。

ウンピョウ。毛皮や牙を狙った密猟が絶えず、個体数が減少しています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP