みなさまのお願いごとが叶いますように...


こんにちは、広報の山本です。
3月の終わりに行われた横浜でのアースアワー・イベントで、ワークショップにご参加くださった皆さんの作られた「Ema(絵馬)」を、先日、関東のお伊勢さんこと"伊勢山皇大神宮"に奉納してきました。

「EcoとEmaの出会い~地球に願いを~」と題したこのワークショップは、鉛筆の生産過程に出る「おがくず」の粘土で作った絵馬に、地球へのお願いごとやイラストを描いてもらい、アート集団「ミラーボーラーズ」さんの作品『The Egg of Earth』につりさげていただく、というもの。

東京コミュニケーション専門学校(以下TCA)の皆さんと、ミラーボーラーズさんとのコラボレーションで実現した企画で、たくさんの方にご参加いただきました!

参加者の中には、子どもたちはもちろん、カップルや、日本に旅行に来ていた外国の方もおられ、老若男女、国際色豊かな絵馬が集まりました。

絵馬に込められたお願い事は、地球に生まれ育ったことへの感謝の気持ちや、いつまでも美しい地球であり続けてほしいという想いだったりと、実にさまざま。

いずれも環境への高い意識と、心のあたたかさを感じさせてくれるものでした。

この絵馬を奉納する神事には、ワークショップを考案したTCAの3名の学生さんが参列。神聖な雰囲気の中、緊張感に満ちた表情で、立派に奉納をなさっていました。

昨年の秋から、皆さんと取り組んできたアースアワー関連の企画も、絵馬奉納にて無事に終了。

少々さびしい思いもありますが、また一つの「つながり」が出来たことをとても嬉しく思います。この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

「つながる気持ちが世界を変える」
アースアワーの日に込められたみなさまのお願いごとが、どうか叶いますように...。

ワークショップでみなさんが作られた絵馬。

横浜の総鎮守である、"関東のお伊勢さん"こと伊勢山皇大神宮。

TCAのみなさん、伊勢山皇大神宮のみなさん、ありがとうございました!

C&M室 メディアグループ所属
山本 亜沙美

プレス担当。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です!この仕事に就くキッカケとなった海牛類のマナティとジュゴンなどモフモフよりもヌメッとした動物が好みですが、最近パンダに浮気中。『ゆるく完璧に』中立的な目線でWWFとみなさまをつなぐ仕事をしています♪

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP