ゾウの"ティノ"が1歳になりました!(動画あり)


今日はインドネシアから届いた嬉しいニュースをご紹介します。

私たちが活動を支援しているスマトラ島中部のテッソ・ニロ国立公園で、スマトラゾウの赤ちゃん"ティノ"が、無事、1歳の誕生日を迎えました!

スマトラ島中部は、森林減少のスピードが世界で最も早いと言われる地域。森が失われることで、そこに暮らしていたゾウやトラなどの動物たちがすみかを追われ、森から出てきて農地を荒らしたり、人と遭遇して事故を起こしたりすることがあります。

パトロール隊に所属するお母さんに寄り添うティノ。

それによって、人がけがをしたり時には命を落とすこともある一方で、人も罠や毒を使って野生動物を殺したり捕まえたりする、そんな悪循環が起きているのです。

WWFでは、このような衝突を減らし、集落に出没する野生のゾウを森に追い返すため、2004年から、訓練されたゾウとゾウ使いによる「エレファント・パトロール」を支援してきました。

ティノはこのパトロール隊に所属するメスのゾウ"リア"の仔で、4か月を迎えた頃から、お母さんの動きを真似しはじめたんだそう。

1年前の、生まれたその日に撮られた写真。

下の可愛らしい動画では、どうやら鼻を使う練習をしているようです。ちなみにまだ正式な名前はなく、"ティノ"というのはニックネーム。でも、どうやら本人も気に入ってくれているそうです。

このパトロールのゾウたちは人に飼育されているゾウたちですが、一方で森にすむ野生のスマトラゾウは、絶滅が心配されています。

ティノもいずれ、保護活動の一員としてパトロールに参加することになるかもしれません。生息環境の減少と悲惨な対立のない未来に向けて、新しい希望として元気に育ってほしいものです。(広報室・増本)

訓練されたゾウによるパトロール活動。農園などに近づく野生のゾウを森へ追い返す効果をあげている。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP