ペンギンたちのすむ入江より


広報の佐久間です。
日本から24時間以上飛行機を乗り継いで、夏真っ盛りの南米チリの南部沿岸域に来ています。

ここは、WWFサポーターの皆さまをはじめ、日本からの支援によって、海洋生態系の保全活動が進められている場所。

「パタゴニア」と呼ばれる地域の北端にあたり、ペンギンやトド、ウミカワウソ、イルカ、クジラなど、さまざまな生きものが暮らしています。

同時に、南極海から流れてくる冷たい海流を利用して、サケ(サーモン)やアワビなどの養殖業も盛んです。

そのため、この海の生き物たちを守るには、養殖業による環境への負荷を減らしてゆくことが課題となっています。

マゼランペンギン。チリから大西洋側のアルゼンチンにまで生息しています。

今回チリを訪れた目的の一つが、そうしたことを、多くの日本の方々に知っていただくため、短編映像を作ることにあります。

なぜなら、チリで養殖されているサケの主要な輸出先の一つが日本だからです。

普段行くスーパーで、パッケージに「原産地:チリ」と表示があるサケに見覚えのある方も多いかと思います。

このサケ養殖の拡大による自然への悪影響をくいとめるため、WWFジャパンはWWFチリと協力して、海の環境を守り、野生生物と共存できる「持続可能」な養殖業にする取り組みを進めています。

宿泊した町から見えた山。「チリ富士」とも呼ばれるオソルノ山です。

天候にも恵まれて、撮影は順調に進んでいます。

とはいえ「チリ」と聞いても、果たしてどんな風景なのか、どんな生き物がいるのか、あまり想像がつかない、という方も多いのでは?

映像の完成は5月頃の予定です。このスタッフブログでご紹介しますので、ぜひお楽しみに!

チリは今、夏真っ盛り。色とりどりの花が咲いています。

この記事をシェアする

C&M室
佐久間 浩子

WWFではずっと「伝える」ことに携わってきました。今は会報を担当しています。

なにごとも決めつけてはいけない。知ったつもりになるな。複雑なものを、複雑なまま受け止める覚悟を持て。想像力を磨き、ヒトの尺度を超える努力をせよーー動物や植物に教えられたことを胸に、人と自然の問題に向き合い続けたいと思います。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP