世界最大の環境キャンペーン 『アースアワー2015』を3月28日(土)に実施


記者発表資料  2015年3月5日(木)

横浜F・マリノスが親善大使に!横浜市も消灯に参加

世界各国に拠点をもつWWF(世界自然保護基金)では、毎年恒例の『アースアワー』を、3月28日(土)に実施いたします。『アースアワー』は、午後8時30分~9時30分の1時間、照明を消すことで、地球温暖化防止の決意を表明する、世界最大の環境キャンペーンです。日本では、今年も横浜市の後援を受け、アースアワーの時間にみなとみらい地区の夜景が一斉に消灯します。また、アースアワーのイベント会場である横浜市をホームタウンとして活動をしているプロサッカーチーム横浜F・マリノスが日本のアースアワー親善大使に就任し、アースアワー2015を盛りあげていきます。

『アースアワー(Earth Hour)』とは

「一人一人の力を合わせ、みんなの気持ちがつながれば、必ず温暖化を防げる」という思いのもと、2007年にオーストラリアで始まった参加型キャンペーンです。世界各地の人々が、同じ日の同じ時刻に照明を消すことにより、温暖化防止と環境保全の意志を示します。

『アースアワー』はまず、日付変更線のすぐ西側に位置する南太平洋諸国で始まり(日本時間の午後5時30分~)、順次、現地時間の午後8時30分を迎えた地域で実施されます。時差の関係から、東から順に消灯がぐるりと地球を一周します。

昨年は162ヵ国・7000以上の都市や町が参加

『アースアワー』は年々規模が拡大しており、昨年2014年は162カ国以上、7000を超える都市や町が参加しました。東京タワー、広島城、エンパイア・ステート・ビルディング(米国)、ゴールデンゲートブリッジ(米国)、タイペイ101(台湾)、テーブルマウンテン(南ア)など世界のランドマークが毎年消灯しています。

今年もみなとみらいが消灯します!

日本でのイベント開催地となる横浜市は、自治体としてアースアワー参加を表明しており、一般社団法人横浜みなとみらい21の協力のもと、コスモクロック21や横浜ランドマークタワーなど、みなとみらい地区を象徴するランドマークをはじめ、事業者・ホテル等の施設、市民の皆さまが消灯をおこないます。(消灯施設の詳細は別添資料参照)。

消灯前

消灯後

2015年、日本のアースアワー親善大使は横浜F・マリノス

毎年著名人が務める親善大使には、今年はイベント会場でもある横浜市をホームタウンとして活動をしているプロサッカーチーム横浜F・マリノスが日本のアースアワー親善大使を務め、国内外に広く日本のアースアワーを発信していきます。

  • ※横浜F・マリノスの地域貢献活動の一貫としてアースアワー親善大使を務めます。

イベント『Earth Hour 2015 in Yokohama』

会場では、今年のテーマでもある「自然エネルギー」を身近に感じてもらえるワークショップを展開し、イベントで使用する電力は全て自然エネルギーでまかない、環境へも配慮したイベントを実施します。

日時 2015年3月27日(金) 17:00~21:30
28日(土) 14:00~21:30 (※消灯時間は3/28(土)20:30~20:40の10分間です。)
場所 みなとみらい地区 運河パーク
内容 ●アーティスト集団「ミラーボーラーズ」による参加型自転車発電アート作品の展示

●参加型ワークショップ
1)ソーラーLEDライトでランタンを作ろう!(実費)  
2)グリーンエネルギーで作るグリーンスムージー(実費) 
3)ハイブリッドソーラーカーを作ろう(28日14:00~ 2~3回実施予定、参加無料)

●消灯カウントダウン(28日 20:00~20:40 の間を予定)
アースアワー2015親善大使横浜F・マリノスのマスコットキャラクター「マリノスケ」、公式チアリーディングチーム「トリコロールマーメイズ」と一緒にカウントダウン。
主催 WWFジャパン
後援 環境省、横浜市
協賛 株式会社エコリカ
協力 一般社団法人横浜みなとみらい21、日産自動車株式会社、パナソニック株式会社、株式会社モンベル、横浜F・マリノス

個人・企業・団体へのアースアワー参加よびかけ

アースアワー特設サイトおよびFacebookページをプラットフォームに、参加呼びかけをおこなっています。国内の参加状況や世界各国での様子、個人・企業の皆様からの投稿も歓迎しています。

別添資料

  1. 3月4日現在、アースアワーへの参加を表明している企業・団体・自治体リスト(PDF)
  2. 横浜市記者発表資料(同日配信)
  3. 横浜F・マリノス記者発表資料(同日配信)

※国内自治体・企業・団体等の今年の参加状況につきましては、上記の特設サイトにて随時発表します。
※各企業・団体・自治体における参加の詳細につきましては、各々のご担当者様に直接お問い合わせください。

取材のお申込み・お問合せ先

アースアワーについて

WWFジャパン広報室  Tel: 03-3769-1714 E-mail:press@wwf.or.jp

横浜市の参加について

横浜市温暖化対策統括本部 調整課長 伊藤 友道: Tel 045-671-4108

横浜F・マリノスの参加について

横浜マリノス株式会社 広報室 吉久 潤 Tel 045-277-2308

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP