原爆ドームほか市内各所で一斉消灯!世界各地をつなぐ、地球を想う消灯リレー「EARTH HOUR 2018 in Hiroshima」開催


記者発表資料 2018年3月5日

  • 広島では、20時30分からの消灯に、原爆ドームほか市内各所が参加見込み(3/5現在、15施設)。
  • アースアワーの時刻にあわせて「地球と平和」への思いを込めて、平和記念公園でイベント開催。
  • 20時15分から「被爆バイオリン」の演奏(佐久間聡一氏)、レクイエム独唱(中川詩歩氏)あり。

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(東京都港区 会長:德川恒孝以下、WWFジャパン)では、世界で2007年から開催されている世界各地をつなぐ消灯リレーEARTH HOUR(アースアワー)を本年も開催します。

日本では、「EARTH HOUR 2018 ~灯りを消して、この星の未来を想う60分~」と題して、3月24日(土)に実施いたします。EARTH HOURは、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯というアクションによって、温暖化防止と環境保全の意思を示すソーシャルグッドプロジェクトです。

EARTH HOURは、日付変更線のすぐ西側に位置する南太平洋諸国から始まり、現地時間の20時30分を迎えた地域で、順次、実施されます。時差によって、東から西へ地球をぐるりと1周する消灯リレーはまさに命のバトンを未来へつなげることを表現しています。

EARTH HOURにより、「青い地球を、未来へつなぐ」という想いがより多くの方に広まり、日常の中で環境保全活動に参加していただくきっかけとなるよう、さまざまな情報を発信しています。

2016年消灯の様子 エッフェル塔(フランス)

EARTH HOUR 2018 in Hiroshima

「EARTH HOUR 2018 in Hiroshima」では、国際平和都市・広島の地から、世界中の人が同じ思いをつなぐアースアワーのメッセージを発信します。

EARTH HOUR 2018 ひろしま ~Earth & Peace~

原爆ドーム周辺で消灯セレモニー。参加者はバイオリン演奏とレクイエム独唱を聴きながら、キャンドルを点灯して、地球環境と平和への想いを馳せます。

主催:WWFジャパン
共催:特定非営利活動法人 Heart of Peace ひろしま
後援:環境省、広島県、広島市、朝日新聞社、J-WAVE(81.3FM)
協賛:日産自動車㈱、㈱エコリカ、ソニー㈱、アニコム ホールディングス㈱、パナソニック㈱
協力:キリン㈱、カロラータ㈱、マツダ㈱、㈱モンベル
企画運営:特定非営利活動法人 Heart of Peace ひろしま 
企画実施:平和と美術と音楽と実行委員会、学校法人 広島女学院 尾道イーハトーヴ、アトリエぱお、ことふきの会
日時:2018年3月24日(土) 20時15分~20時50分 
消灯:20時30分~21時30分
会場:平和記念公園(原爆ドーム対岸)

昨年の原爆ドーム消灯の様子。写真提供:広島市役所
2017年には過去最多となる187の国と地域がEARTH HOURに参加し、12,000を超えるモニュメントが消灯しました。

広島交響楽団コンサートマスター佐久間聡一氏(被爆バイオリン演奏)中川詩歩氏(レクイエム独唱)

EARTH HOUR(アースアワー)とは

世界中の人々が、同日同時間に電気を消すアクションを通じて「地球の環境を守りたい」という想いをわかちあう世界各地を繋ぐ消灯リレーで、2007年にWWFオーストラリアで始まりました。2017年は過去最多となる全世界で187の国と地域が「EARTH HOUR」へ参加しました。日本では2010年からWWFジャパンが主体となりEARTH HOURをより多くの人たちが環境保全活動に参加して頂く機会の創出と位置づけ毎年実施をしています。

~EARTH HOURサポーターズ(親善大使)~

本年のプロジェクトにおいては、毎年著名人が務めるEARTH HOURサポーターズ(親善大使)に、動物では初となる、今をときめく上野動物園のジャイアントパンダのシャンシャン&シンシン&リーリーが就任しました(2/15発表)。 また、気象予報士・キャスターの井田寛子さん、能楽師笛方一噌流の一噌幸弘さん、JAXA宇宙飛行士の大西卓哉さん、WWFジャパン親善大使のさかなクン、3月24日(土)のWWFジャパン主催イベントで協力をいただく東京スカイツリー®の公式キャラクターソラカラちゃん、漫画家のちばてつやさん、WWFジャパン顧問の前田智子さん、そして横浜F・マリノスが、EARTH HOUR 2018サポーターズに就任し、EARTH HOUR 2018のコンテンツや環境保全のメッセージを訴求しています。

動物からキャラクターまで多方面でご活躍のみなさまよりEARTH HOUR 2018を応援頂きます!

~EARTH HOUR 60+ Actions!~

WWFは、EARTH HOURの1時間の消灯アクションだけではなく、どこでも、どなたでもEARTH HOURに参加できる環境アクション「EARTH HOUR 60+ Actions!」を60個提案。これは、国連が定める2030年までの「SDG's(持続可能な開発目標)」の達成にもつながるものです。 EARTH HOUR 2018特設ページにて、「EARTH HOUR 60+ Actions!」をご紹介しています。

EARTH HOUR 2018特設ページ

関連情報

問い合わせ先

WWFジャパン プレス担当 大倉 Tel: 03-3769-1714 Email: press@wwf.or.jp 

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP