© Sharon Fisher

WWFジャパン・オリジナル FMラジオ番組「One Planet Lifestyle~地球をもっと好きになる1時間~」がスタート!

この記事のポイント
7月から放送開始のWWFジャパン・オリジナルラジオ番組をご紹介します。番組では、地球に暮らす生き物たちみんなが、より良い暮らしをしていくためのヒントをリスナーのみなさんと一緒に考えていきたいと思います。
目次

2019年7月2日から、ラジオ局 FMひがしくるめで、WWFジャパンのオリジナル番組がスタートします。
毎週火曜日の18:00~18:55、ぜひお聴きください!
FMひがしくるめ

★番組へのご質問やご意見、お待ちしています★
SNSへは、ハッシュタグ「 #FMひがしくるめ #ワンプラネット 」をつけて投稿してください。
メールは下記メールアドレスまでお送りください。
854@fm-higashikurume.com

【番組コンセプト】
水、森や海の資源、食料やエネルギー。
私たちの暮らしは地球からの様々な恵みによって支えられています。

しかし今、人類による地球の「使いすぎ」によって、自然環境が悪化しています。
このまま「使いすぎ」の暮らしを続けていけば、2030年にはもう1個地球が必要になると言われています。

番組では、地球に暮らす生き物たちみんなが、より良い暮らしをしていくためのヒントをリスナーのみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

【放送概要】
・ラジオ局
FMひがしくるめ 85.4MHz
(東京都東久留米市が主な放送エリアのコミュニティFM局)

・放送時間
2019年7月2日から、毎週火曜日 18:00~18:55

【視聴方法】
「FMひがしくるめ85.4」は、アプリを使えば、放送エリア以外でも視聴可能です。お手持ちのスマートフォン、タブレット、パソコンに、アプリ「FMひがしくるめ85.4 of using FM++」(無料)をダウンロードしてください。

詳しくはこちら → FMひがしくるめ公式アプリ登場!!

過去の放送

podcastでのご視聴はこちら
Spotifyでのご視聴はこちら
Googleポッドキャストでのご視聴はこちら

  • さらに表示する

第1回「地球1個分の暮らしって? 」

日時:2019.07.02(火)18:00~18:55放送(FMひがしくるめ)
出演:鈴木実穂さん(FMひがしくるめ)、三間淳吉(WWFジャパン自然保護室次長)、山本亜沙美(WWFジャパンC&M室メディアグループ長)

<地球1個分の暮らしとは>
地球の環境は今、人々による水や海や森などの資源の「使いすぎ」によって悪化しています。地球と私たちの暮らしがどのようにつながっているのか、お話ししました。

第2回「環境保全のフィールドではどんなことを? ~南米の海編~」

日時:2019.07.09(火)18:00~18:55放送(FMひがしくるめ)
出演:鈴木実穂さん(FMひがしくるめ)、吉田誠(WWFジャパン自然保護室海洋水産グループ)、山本亜沙美(WWFジャパンC&M室メディアグループ長)

<環境保全のフィールドではどんなことをしているの? ~南米の海編~>
南米の海の生態系を守るプロジェクトを担当しているスタッフより、フィールド(現場)ではどんな活動をしているのか、そして私たちの暮らしとどのようにつながっているのか、お話しさせて頂きました。

第3回「環境保全のフィールドではどんなことをしているの? ~海のプラスチックごみ編~」

日時:2019.07.16(火)18:00~18:55放送(FMひがしくるめ)
出演:鈴木実穂さん(FMひがしくるめ)、三沢行弘(WWFジャパン自然保護室海洋水産グループ)、三間淳吉(WWFジャパン自然保護室次長)

<環境保全のフィールドではどんなことをしているの? 〜海のプラスチックごみ編〜> 
国内外で関心の高まる海のプラスチックごみ問題。
WWFジャパンは減プラスチック社会を目指して、国に提言をするなどの活動をしています。マイクロプラスチックなど、最近、生物や人間からも検出される微小なプラスチックの問題など、分かりやすく解説しました。

第4回「環境保全のフィールドではどんなことをしているの? 〜地球温暖化編〜」

日時:2019.07.23(火)18:00〜18:55放送(FMひがしくるめ)

出演:鈴木実穂さん(FMひがしくるめ)、市川大輔(WWFジャパン自然保護室 気候変動・エネルギーグループ)、新井秀子(WWFジャパンC&M室)

<環境保全のフィールドではどんなことをしているの? 〜地球温暖化編〜> 
地球温暖化は環境問題の中でも、頻繁に見聞きする話題になっています。
その原因は人間の出す二酸化炭素(CO2)。
現代の生活では電気の消費が増大し、自動車や飛行機などの便利な乗り物を利用することが多くなっています。こうしたところから二酸化炭素は出ています。
私たちはどうやって減らしていけばいいのか、などをわかりやすく解説しました。

第5回「始まった、地球の「借金生活」」

日時:2019.07.30(火)18:00~18:55放送(FMひがしくるめ)

出演:鈴木実穂さん(FMひがしくるめ)、清野比咲子(WWFジャパンエコロジカルフットプリント担当)、渡邉ゆみ(WWFジャパンC&M室)

<環境保全のためにみんなで気をつけたいこと~地球1個分の暮らし編~>
人類の地球環境に与える負荷がますます大きくなっています。地球1個では成り立たない生活を私たちは送ってしまっているのです。そのために温暖化が進行したり、森林や水産資源が減少したりといったことが起きています。放送の前日には、今年1年分の自然資源を使い切ってしまいました。生態学的には「借金生活」になってしまいました。この大きな負荷を改善するためには、どのようなことに気をつけて生活していけばいいのか?担当者がわかりやすく解説しました。

第6回「世界の森と、私たちのつながり」

日時:2019.08.06(火)18:00~18:55放送(FMひがしくるめ) 
 
出演:鈴木実穂さん(FMひがしくるめ)、伊藤小百合(WWFジャパン 森林保全担当)、三間淳吉(WWFジャパン 自然保護室) 
 
<世界の森と、私たちのつながり>  
海外の自然と自分たちの生活、といっても、なかなかぴんと来ないかもしれません。でも、実は、いろいろなところで、いろいろなモノのお世話になっています。たとえば、近くのパン屋さんで売っているパン、これも、実はいろいろな国から輸入された材料で作られている。今日は、日本が海外から輸入しているモノ、これと、特に東南アジアの森とのつながりについて、現場へも足を運んでいるスタッフからお話しました。

第7回「いきものたちを守るいろいろな“ルール”」

日時:2019.07.30(火)18:00~18:55放送(FMひがしくるめ) 
 
出演:鈴木実穂さん(FMひがしくるめ)、浅川陽子(トラフィック)、山本亜沙美(WWFジャパンC&M室) 
 
<いきものたちを守るいろいろな“ルール”>  
動物園や水族館、動物と触れ合えるカフェ、ペットショップなどで色々な動物を目にする機会が増えてきました。しかしながら、野生に生息する動物には様々な危機が迫っています。
つい先日もシンガポールで過去最大規模8トンを超える象牙の押収や、ベトナムでのサイ角とセンザンコウの密輸など、国をまたいでの違法取引の報道を目にすることが増えています。海外だけの問題だけではなく、日本に生息する生き物も狙われている現実があります。

2019年8月17日からスイスのジュネーブで開催される、いきものたちの国際取引いついて話合われる国際会議「第18回ワシントン条約国会議(COP18)」の開催前に、いきものたちを守る国内外の“ルール”について、お話をしました。

第8回「続・いきものたちを守るいろいろな“ルール”」

日時:2019.08.20(火)18:00~18:55放送(FMひがしくるめ)

出演:鈴木実穂さん(FMひがしくるめ)、西野亮子(トラフィック)、渡邉ゆみ(WWFジャパンC&M室)

<続・生き物たちを守るいろいろな“ルール”> 
前回に引き続き「いきものたちを守るいろいろなルール」と題して、野生生物をとりまく問題や、現在の状況についてお伝えします。最近ニュースで聞くことの多い「密猟」や「密輸」。密猟した野生生物を違法に輸出する際の運搬方法として、飛行機や船舶が使用されることがよくあります。そうした運搬の段階で、違法な取引を摘発するためにおこなわれている取り組みとは?
現在開催中のワシントン条約第18回締約国会議にちなんで、「ワシントン条約の対象になると、その野生生物はどうなるの?」についても解説しています。

第9回「教えてサンゴ礁博士!サンゴってどんな生き物?」 

日時:2019.08.27(火)18:00~18:55放送(FMひがしくるめ)

出演:鈴木実穂さん(FMひがしくるめ)、鈴木倫太郎(WWFジャパン南西諸島担当)、山本亜沙美(WWFジャパンC&M室)

<教えてサンゴ礁博士!サンゴってどんな生き物?> 
夏も終わりに近づいてきましたが、夏と言えば海!海に遊びに行かれた方も多いのではないでしょうか?
海の中を覗けば魚やエビ、カニ、サンゴ、など色々な生き物を見ることができます。こうした多様で豊かな生態系をはぐぐむサンゴ礁の広がる海は、その豊かさから「海の熱帯林」とも呼ばれています。
しかし、今、世界中で地球温暖化などの環境の変化によってサンゴたちへも危機が迫ってきています。
サンゴって植物なの?動物なの?そんな疑問から、サンゴとわたしたちの暮らしのつながり、そしてサンゴの為に出来ることなどをお話させて頂きました。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP