今日は「世界〇〇の日」!(動画あり)


今日7月29日は、何の日でしょう!

世界的に絶滅が心配されている、ある動物の保護をよびかける日です。

そんな日にご紹介したい動画の題名は、「I Am Not a Rug:わたしは絨毯ではない」

ヒントは、動画中に出てくるメッセージです。

「過去100年間で、97%が殺されました」

「毛皮や骨をとるために、殺されました」

答えは、こちらの動画から。

薄暗い部屋で、真っ黒なキャンバスと向き合い、想いを巡らせる女性。

筆をとると、感情を高ぶらせ、全身の力を込め、キャンバスに何かを描いてゆきます。

完成した絵を、くるりと逆さまにすると現れたのは、一頭のトラ。

そう、実は7月29日は「トラの日(Global Tiger Day)」なのです!

この動画は2013年に、トラの保護を訴えるためWWFアメリカが作成したもの。

追いつめられるトラの気持ちを表すかのように、キャンバスに画家が絵具をぶつける、そんなインパクトのある映像作品になっています。

かつて世界に10万頭が生息していたとされる野生の トラは、現在では約4,000頭前後が残るのみ。

生息地である森の減少や、毛皮や骨を目的とした密猟により、深刻な絶滅の危機にさらされています。

また、その現場では、 トラが森から出てきて、家畜を襲ったり、人との遭遇事故を起こし殺される例も後を絶ちません。

トラの大切なすみかであり、私たちが日本から保全活動を支援している、極東ロシアやスマトラの森でも、 こうした問題をなくしてゆくために、それぞれの国のWWFの仲間たちが、日々現場で奮闘してくれています。

人とトラが、これからも共存していくために。

「トラの日」の今日、改めてトラの未来を、そして今、私たちにできることを、想い描いてみていただければ、と思います。(広報 松岡)

関連情報

この記事をシェアする

遺贈相談担当 ドナーアドバイザー
松岡 永里子

学士(国際教養学)。広報代理店、海外WWFのウミガメ保全現場アシスタントを経て、2016年にWWFジャパンの広報メディア担当として入局。2018年より新設の遺贈担当に転向。
動物が好きで、もともとWWF個人会員でした。終活もまずは実践!と28歳で初めて自分の遺言書を作成、何度か書き換えの上、法務局に保管しています。おひとり、おひとりのお気持ちやご事情を伺い、同じ目線に立って相談をお受けしています。初めてでも、大丈夫です!先ずは雑談からでも、安心してご相談ください。

遺言書によるご逝去後の寄付「遺贈(いぞう)」のご相談や手続きを専任で担当。
大切なご支援者様の希望が実現できるよう、そしてご親族が悲しい想いをされないよう、全力でサポートします!不動産の寄付、終活全般もお気軽にご相談ください。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP