いつまでも美しい自然を見つめられるように


パンダショップの佐多です。
秋です! アウトドアの秋、スポーツの秋、芸術の秋。皆さん大好きな季節がやってきます。

今日は、これから本格的にやってくる、そんな素敵な季節を満喫する時にお勧めのグッズをご紹介したいと思います。

PENTAX製 WWF支援モデルの双眼鏡。

一般的なバードウォッチングや、観劇・スポーツ観戦、さらにごく近距離での昆虫観察や博物館、美術館の展示物なども楽に見ることができる、多目的対応の優れものです。

日本では初めてとなる、WWFのパンダロゴ入りの双眼鏡で、国内外の貴重な野生生物の姿をあしらった包装箱には、森林に配慮して生産されたことを証明する、FSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)の認証紙を使用。

パンダマーク入りのオリジナルストラップも付いています。

商品化が実現するまで、実に1年を要したこの双眼鏡、「いつまでも美しい自然を見つめられるように」という願いをこめて作られました。

富士山の頂きを早くも雪が飾り、東京近辺では桜並木の葉もだいぶ色づいてきたこの季節。

これから深まる秋の行楽のお供に、ぜひどうぞ。

色と倍率の異なる2機種からお選びください

WWFの通販 Panda Shop

【関連記事】

この記事をシェアする

ファンドレイジング室 パンダショップ・会報担当
佐多 成子

製品や読み物を通じて、WWFの活動に対してのより深いご理解とより幅広いご支援をいただくための、さまざまな活動に従事しています。
現在は、WWFジャパンの物販部門「パンダショップ」の販促企画や、会報「地球のこと。」の編集などを担当。自分の興味や感性を活かして環境保全活動に携われることに感謝する日々です。

学士(教養学)
大学卒業後、大阪の広告代理店で、各クライアントのマーケティング・プロモーション業務を担当するプランナー職に従事。その後、韓国に渡り、現地でコーディネーター兼ライターとして活動した後、2012年にWWF ジャパンに入局。入局後は、物販部門のパンダショップで商品企画や販促を含むショップの運営全般を担当。育休復帰後には、WWFの会報「地球のこと。」の編集や、寄付キャンペーンの企画にも携わる。
鹿児島県出身、一児の母。最近気になる生きものは、ワライカワセミとヤドクガエル。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP