祝島を応援しよう。院内集会に行ってきました


パンダショップの池田です。
先日、衆議院の議員会館で行われた『中国電力による上関原発の工事強行を止めるために』という院内集会に参加してきました。

このブログでも何度か紹介してきた山口県上関での原発建設問題について、2月21日に始まった中国電力による工事強行の報告と、原発開発計画そのものの見直しを国会に求める集会です。

誰でも参加できる集会とあって、当初150人くらいの参加者を見込んでいたそうですが、会場はみるみる埋まっていき、結局300人ほどの傍聴者が集まりました。一般の方も多く見受けられましたので、この問題の関心の高さが伺えます。

院内集会にでは、映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の鎌仲監督をはじめ、祝島島民の会の山戸さんらが現地の報告をしてくださいました。
工事強行から1週間あまり経った今、島は少し落ち着きを取り戻したものの、またいつ作業が再開されるかわからないという危機感を抱えているそうです。

上関原発の問題が持ち上がって29年。気が遠くなるほどの長い時間、島の人たちはこの苦しみを幾度となく味わってきたのかと思うと「気の毒」の一言ではとても片付けることはできません。

パンダショップでは、海を守り続けている祝島の人たちを何とか応援しようと数年前から祝島の海の幸を販売してきました。こうした島の特産品をご紹介することで、すこしでも祝島の方々を応援できたら。。。と思います。
もうすぐヒジキの販売も始まりますよ!お楽しみに。

生物多様性のホットスポットといわれる田ノ浦の美しい海を、みんなで守りましょう!

▼PANDA SHOPでご案内している祝島の物産:

  • ※祝島の干しタコ、祝島のタコの燻製は売り切れました。

▼関連記事

20110308a.jpg

島特産のマダコ。豊かな海の賜物です

20110307b.jpg

3月4日に議員会館で開かれた院内集会

20110307a.jpg

田ノ浦の海

 

C&M室 ブランド事業グループ所属
池田 雅子

パンダショップ担当。通販を通じて、WWFや自然保護への理解、ご支援を広げる仕事をしています。

一般企業で働いていましたが、いつか動物や自然を守る仕事に就きたいと思い続け、勢いでWWFの事務局に電話をかけてしまったことが始まりでした。数年後に転職、今に至ります。入局してからは、自然保護の難しさを、広く伝えることの難しさを日々痛感しています。豊かな自然を未来へ残す心を誰もが持ち、いつかWWFが必要無くなる日を夢見ています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP