311東日本大震災 市民の集い Peace On Earthピースオンアース


広報の新井です。
この週末、東日本大震災、そして東京電力福島第一原子力発電所の事故から、1年を迎えます。日本の各地で、さまざまな追悼イベントが実施されるようです。

その一つ、「311東日本大震災 市民の集い Peace On Earthピースオンアース」に、WWFジャパンは参加します。

このイベントの趣旨は、東日本大震災の一周年に、市民が集い、被害に遭われた方々を追悼し、これからの未来を共有することです。被災地支援や脱原発に関わってきた、市民、NGO/NPO、坂本龍一さんや加藤登紀子さんをはじめとするアーティストや文化人が一堂に会し、アピールやトーク、音楽プログラムを繰り広げる、という内容です。

poe120311_message.jpg

このイベントに参加する誰もが、それぞれの思いや関心を持ち寄って、幅広い交わりの場を作ることを目指しているイベントです。

WWFジャパンは、ブースを出展すると共に、ショートトークに出演します。ブースを訪れた方が、ゆっくり交流できるスペースを作ろうと思っています。ぜひ、WWFジャパンのブースに遊びに来てください。

日時:2012年3月10日(土)~11日(日)、両日とも11:00~19:00(ブースは17:00まで)
場所:東京都・日比谷公園 WWFの参加内容:

  • WWFブース「パンダカフェ」出展 
    ・ 写真で知る WWFの「暮らしと自然の復興プロジェクト」
    ・ 短冊に想いを「未来のエネルギーのあり方を共有しよう」ほか 
  • ステージ・プログラム 3月10日(土)15:35~15:55
    ・ ショートトーク  環境活動家 田中優さん×WWFジャパン

C&M室 メディアグループ所属
新井 秀子

WWFの活動情報を主に報道関係者向けに発信しています。

地球環境問題に取組む研究者になろうと決意して、民間企業を辞めて大学院に。在学中に霞ヶ浦流域河川の市民調査に携わり、市民活動の意義を体得。水質調査に行ったフィリピンで褐色の山々に衝撃を受け、何とかしたいと、研究者の道よりWWFを選択。あきらめずに一歩ずつ進んでいます。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP