フィールドの生物学『野生のオランウータンを追いかけて』


こんにちは、自然保護室の小林です。
わたしの大好きなシリーズ本に、東海大学出版会さんの「フィールドの生物学」というものがあります。

毎回、著者の方々の波乱万丈なフィールド体験記にわくわくとし、描かれていく生き物たちの魅力に取りつかれてしまいます。

今回はこのシリーズの一冊として今年8月に出版された、「野生のオランウータンを追いかけて」という本のご紹介をさせていただこうと思います。

この本の著者は、ボルネオ島でオランウータンを追いかけている金森朝子博士。描写されている熱帯雨林での日々の悪戦苦闘と苦労の中で、次第に明らかにされるオランウータンの意外な一面が、つぶさに記されております!

生きもの好きな方や、熱帯雨林の世界に興味のある皆さんに、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

本書でも触れられていますが、今ボルネオ島ではオランウータンをはじめとした実に多様な生き物たちの生息地が、急速に失われていっています。

その大きな原因となっているのが無秩序な森林伐採や、アブラヤシ農園の開拓。その産物である熱帯材やパーム油を、わたしたち日本人も日常的に使っていることをご存知でしょうか?

WWFでは、こうした問題を解決するために、FSCやRSPOのような「持続可能」な形での木材やパーム油の利用を目指した認証制度を推進していますが、認知や普及はまだまだこれから。

ボルネオのオランウータンの危機!なんて、遠く離れた違う世界の出来事のように感じますけれど、彼らの直面している問題は、実はわたしたちにとって本当に身近な問題です。

少しでも多くの方にそういった事実を知ってもらって、一緒に考えていただけたらな、と思います。

フィールドの生物学(11)
『野生のオランウータンを追いかけて』
マレーシアに生きる世界最大の樹上生活者
金森朝子著、当会大学出版会(2013.8)

自然保護室 国内グループ所属
小林 俊介

WWFサンゴ礁保護研究センター・センター長。石垣島白保から、南西諸島の豊かな自然を守るためのプロジェクトを担当。

子供のころからの動物好きが高じて、東南アジアでの野生動物の研究に携わった後、WWFへ。森林関連の仕事に従事した後、石垣島白保の担当に。地域の声を大切にしながら、豊かな南西諸島の自然を守っていけるよう、微力ながら尽力します。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP