©WWFジャパン

宮城県戸倉カキ養殖が農林水産祭天皇杯受賞


12月14日に、宮城県南三陸町にて「令和元年度第58回農林水産祭天皇杯受賞記念祝賀会」が執り行なわれました。

これは、地元で養殖を営む戸倉かき生産部会が、農林水産省が実施するこの天皇杯を受賞したことを記念し、開かれたものです。

カキ養殖業者の方々が、東日本大震災を契機にそれまでの過密養殖を改善し、国際的な養殖エコラベルのASC認証を取得したのは2016年のこと。カキの品質改善だけでなく、海の環境や地域社会、経済上の課題を克服したことが評価され、今回の受賞に至りました。

祝賀会で挨拶するWWFジャパンの筒井事務局長。農林水産祭は、水産業、農業、林業、酪農業など7部門でその年の最も優れた取り組みを表彰します。
©WWFジャパン

祝賀会で挨拶するWWFジャパンの筒井事務局長。農林水産祭は、水産業、農業、林業、酪農業など7部門でその年の最も優れた取り組みを表彰します。

  • さらに表示する
授与された天皇杯ならびに表彰状。水産部門からは今年2月の全国青年女性漁業者交流大会で農林水産大臣賞を受賞した5団体の中から、戸倉かき生産部会の取組が選ばれました。
©WWFジャパン

授与された天皇杯ならびに表彰状。水産部門からは今年2月の全国青年女性漁業者交流大会で農林水産大臣賞を受賞した5団体の中から、戸倉かき生産部会の取組が選ばれました。

戸倉の取組は、ASC認証を日本で初めて取得したことで注目を集めましたが、その本質は、海の環境を守りながら「量から質」の養殖に転換することを、生産者自らが決意したことです。

その取り組みはカキの成長と品質を向上させ、さらには労働時間の短縮や災害リスクの軽減へとつながりました。

また養殖再開にあたって既存の施設配分を見直したことで、新たに養殖を始める若者が増えたことも大きな成果です。

豊かな環境で大切に育てられた南三陸戸倉っこかき。東日本大震災では、津波により湾内の養殖設備がすべて失われましたが、そこから、逆境を活かした戸倉の皆さんの挑戦が始まりました。
©WWFジャパン

豊かな環境で大切に育てられた南三陸戸倉っこかき。東日本大震災では、津波により湾内の養殖設備がすべて失われましたが、そこから、逆境を活かした戸倉の皆さんの挑戦が始まりました。

南三陸町で執り行なわれた祝賀会には、震災以降ASC取得を支援してきたWWFジャパンをはじめ、およそ160名を超える出席者が参加。

天皇杯受賞を祝うとともに、今後のますますの「持続可能な」発展に向けて連携していくことを誓いました。

戸倉の事例はさまざまなことを私たちに教えてくれます。

ASC認証の「自然環境と社会に責任ある養殖」を実践することは、自然環境のためだけではなく、そこに従事する人たちの生活を豊かにすることにつながります。

今回の事例を参考に、責任ある養殖業のさらなる普及に努めていきたいと思います。(海洋水産保全担当 前川)

この記事をシェアする

自然保護室 海洋水産グループ所属
前川 聡

ASC認証にかかわるプロジェクトを主に担当しています。

日本各地の漁師町を訪ねては、持続的な養殖や漁業の推進のために関係者の方々と話し合いをしています。道すがら、普段はなかなか見ることができない風景や鳥を見つけては、一人ほくそえんでいます。もちろん、新鮮な魚介とお酒も! 健康診断の数値が気になるAround Fifty

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP