主役交代! トラからウサギへ


Web担当の三間です。
ご記憶の方もいらっしゃるかと思いますが、昨年の今頃、WWFではトラの保護活動のための特別寄付を募っていました。

ちょうど新年が「トラ年」ということで話題になっていたこともあり、たくさんの方にご協力をいただくことができました。本当にありがとうございました。

それから、めぐりめぐってはや一年。干支が「ウサギ」となった新年を迎える年の瀬が押し迫ってまいりました。

usa2.gif

ウサギ… usa.gif

トラほど迫力も無いし、そこらにいっぱいいるみたいだし、自然保護と関係あるの?
ピンと来ないかもしれませんが、いえいえ、野生の世界にはとんでもないウサギもいるのです。

人呼んで一名を 「トラウサギ」

このウサギ、身体には縞模様があり、体長は3メートル、体重1トン、肉食でトラを主食にしています… というのは、もちろん冗談ですが、実はトラのように、黄色地に黒い模様の入った、「縞模様のウサギ」というのは、本当にいるのです。

なあんだ、毛色の変わった、ただのウサギじゃないか… などと思うなかれ。
これ、パンダも真っ青の「珍獣」だったりして!?

トラ年の1年の終わりに、来年の主役「ウサギ」の記事を一つ紹介します。
「歴史的」に貴重な写真も掲載しましたので、ぜひご覧ください!

20110101m.jpg

 

 

この記事をシェアする

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP