脱原発と自然エネルギーを主流に!eシフトのイベント


広報の新井です。
先週末、脱原発と自然エネルギーを主流にするための政策を提案し、議論するためのシンポジウムが、eシフトによって、東京のオリンピックセンターで開かれました。

eシフトとは、福島第一原発事故を契機に、脱原発と自然エネルギーを中心とした持続可能なエネルギー政策を実現させることを決意した、環境NGOなどの団体・個人の集まりで、WWFジャパンも参加しています。

休日であるにもかかわらず、予想以上にたくさんの方が集まり、脱原発や自然エネルギーへのシフト(移行)を求める声の高まりを、肌で感じることのできる場となりました。

R0012543.jpg

この日、WWFジャパンからも、「私たちのエネシフ宣言」というセッションで、脱原発と大幅な省エネ・節電で、地球温暖化対策にも貢献する、自然エネルギー100%の安全な未来をめざそう、と呼びかけました。

WWFでは今、日本を含め「2050年までに世界の全てのエネルギーを、自然エネルギーでまかなう」というビジョンをかかげ、その実現のための手段を、さまざまな専門家・事業者・NGOの方々と一緒に検討し、提案しようとしています。

そうした政策の実現には、今回のイベントのような場をつくり、市民が声を挙げてゆくことも重要です。市民に将来を選び取る権利を取り戻さねば、政策や国の未来を変えてゆくことはできません。

私たちはまた、自然エネルギーと省エネによる新しい社会づくり、そして原発の段階的な廃止を、「エネルギー基本計画」に組み込み、日本のエネルギー政策とすることを求める署名活動も行なっています。
目標は120万人、日本の総人口の約1%です。

確実に日本の未来を変えていく、その一歩として、ぜひ、皆さまのご協力をお願いいたします。

 

【関連記事】

この記事をシェアする

C&M室 メディアグループ所属
新井 秀子

WWFの活動情報を主に報道関係者向けに発信しています。

地球環境問題に取組む研究者になろうと決意して、民間企業を辞めて大学院に。在学中に霞ヶ浦流域河川の市民調査に携わり、市民活動の意義を体得。水質調査に行ったフィリピンで褐色の山々に衝撃を受け、何とかしたいと、研究者の道よりWWFを選択。あきらめずに一歩ずつ進んでいます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP