昼休み「海洋ゼミ」を開講


自然保護室の安村です。
今日の昼休みに、WWFジャパンの海洋グループで「海洋ゼミ」を開催しました。

今回が第1回で、テーマは「海の生物多様性と原発の悪影響」。講師は、長年日本の干潟などの保全を手がけてきた花輪伸一。受講者はお弁当を抱えた局内のさまざまな部署のスタッフたちでした。

この企画は、海洋保全に携わっているスタッフが、自分たちが普段手がけているさまざまな取り組みについて、外部向けに発表したり、紹介したりしたプレゼンテーション等を使い、内部スタッフ向けに発表をしてみたものです。

同じ事務局に机を置いていても、なかなか他部署や他グループの活動を知る機会は無いもので、そうした点の改善を試みつつ、素朴な疑問や要望を上げてもらうことを目的に実施してみました。

また、さまざまな意見をもらえることは、担当者にとっても、気づきを教えていただき、また理解を深める一助になります。

今回は初めてということもあり(?)満員御礼で30名を超えるスタッフが参加。活発な質疑応答も見られ、まずまずの盛会でした。
この後、企画倒れとなることの無いように、継続してゆきたいと思います。

20110701a.jpg
20110701b.jpg

この記事をシェアする

企画管理室長
安村 茂樹

沖縄のサンゴ礁と森、中国・韓国の干潟の保全に従事。国際会議でサイドイベント主催やロビー活動をする機会をいただきました。国際、環境、NGO-この3ワードが合わさるWWFで、何をすべきか考え、その仕事の醍醐味を実感し、行動する。そんな機会を一人でも多くのスタッフに提供したいです。毎日、自転車で通勤し、休みは、川でカヌー漕いでいます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP