「世界動物の日」に、野生生物を守ろう!


今日10月4日は「世界動物の日」!
動物の保護や愛護を考える記念日として、1931年に設定されたそうです。

随分と古い歴史のある記念日のようですが、大変お恥ずかしながら、私はこの記念日のことを知らず...
日本でこの日にイベントなどをやったこともありませんでした。

とはいえ、身近な動物から、海外の野生動物まで、動物の保護について考えるキッカケとして、こうした記念日があるのは良いことですね!

私たちWWFの取り組みは自然や野生動物の保全なので、動物福祉や愛護の活動はしていませんが、ペットの「取引」にかかわる問題には取り組んでいます。
「珍しい動物を飼育したい」というペットの需要が、野生動物の密猟を呼び、違法に売買される例が後を絶たないためです。

最近のニュースでも、カワウソやスローロリス、キツネ等の動物を、生きた状態で荷物に紛れさせて海外から日本へ密輸しようとして日本人が逮捕された報道がありました。
このように逮捕される危険を冒してまで、野生生物の取引をする人が後を絶たないのは、そうした動物を欲して、高値でも購入しようとする「需要」があるからこそです。

そんな「取引」がもたらしている危機は、環境の悪化や生息地の劣化で追いつめられている野生生物を、さらに脅かし、絶滅の危機に追いやる問題です。

普段の暮らしからは見えない、違法取引の問題をテーマにした動画を本日公開しました。
危機と私たちの取り組みをお伝えし、活動へのご支援のお願いを呼びかけるものです。

今日10月4日の「世界動物の日」に、ぜひご覧ください!(広報 松岡)

この記事をシェアする

遺贈相談担当
松岡 永里子

遺言書によるご逝去後の寄付「遺贈(いぞう)」のご相談や事務手続きを専任で担当。遺言書は、法的に有効になるような書式、内容に決まりがたくさん!不備があると無効になったり、ご親族間のトラブルになってしまいます。大切なご支援者様の希望が実現できるよう、そしてご親族が悲しい想いをされないよう、全力でサポートします。WWFの活動紹介はもちろん、寄付の用途指定や、不動産や有価証券のご寄付、終活全般もお気軽にご相談ください。匿名でも承ります。

動物が好きで、もともとWWF個人会員でした。自分も何か貢献したいと思い、海外WWFでウミガメ保護現場のアシスタントを経て、WWFジャパンに応募。日々さまざまな会員様とお話しする中で、お寄せいただくお気持ちや人生観、ご事情は本当に十人十色。純粋に動物や自然を大切に想ってくださる方々のご厚意は、なるべくお気持ちに沿ってきちんと受け継ぎ、活動に活かせればと思っています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP