森林を「管理」する?FSC森林サミット報告


森林担当の古澤です。
先月開催された「FSC森林サミット in 山梨」の参加報告をアップしました。
皆さん、スーパーや街中で「FSC」のマークのついている紙や木材製品を見たことありませんか?

FSCというのは、Forest Stewardship Counci(森林管理協議会)という独立した第三者機関。生態系や地域社会に適切に配慮した「森林の管理」がなされているか、木材の生産や加工、流通を審査・認証する「森林認証制度」を推進しています。

つまりこの制度は、「森を守りながら、木を上手に使っていく」ために考え出された工夫というわけ。

「森林を管理する」ってあまり聞き慣れないようにも思いますが、森の恵みである木は全て生き物。
きちんと間伐や手入れなどの管理を行なえば、ずっと先の未来にも、再生可能な自然資源として使い続けていくことができるのです。

今回のサミットはそんなFSCの取り組みを発表する、大きな場となりました。
2日目には、山梨のFSC森林認証を取得した県有林の見学会も行なわれ、林道を歩きながら、実際に森林管理を担当している森のプロや認証の審査官から、どんな計画を立て、管理を行なっているかを聞くことができました。

熱心な参加者からの質問があまりに多く、林道から森にまで入って説明してもらったので、時間内に目標地点まで歩き着くことができず(笑)、それはそれで残念でしたが、森林管理の奥深さを堪能できました。

消費者がFSCマークのついた製品を選んで購入することは、環境への配慮が十分ではない製品を、間接的に市場から排除することにもつながります。皆さんも、意外と身近な「FSCマーク」、探して見てください!

fscl2.gif
fsc_event01.gif

FSC認証の商品(C)浜松市

fsc_event03.gif

FSC取得県有林見学(C)浜松市

この記事をシェアする

自然保護室 森林グループ所属
古澤 千明

主にミャンマーとタイを担当しています。紙や天然ゴムといった森林資源に由来する暮らしに欠かせないものの持続可能な利用にも取り組んでいます。

昔から自然や生き物への興味はあったけどまさかWWFで働くことになるとは思わなかった(笑)。自然科学や生物のスペシャリストではない自分だからこそ、得られる理解・賛同もある!と信じつつ、そうは言っても日々勉強。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP