日本の「化石賞」の受賞は何を語るか


南アフリカのダーバンで開かれているCOP17の会場より、温暖化担当の山岸です。
地球温暖化問題に取り組む世界の500以上の団体のネットワーク、CAN(気候行動ネットワーク)インターナショナルは、2000年から、こうした国連会議でのその日その日の交渉において、後ろ向きな発言や行動をした国に「化石賞」を与え始めました。

以来、日本はこの不名誉や賞の常連として知られるようになりました。とくにCOPでは、化石賞を受賞しなかったことはありません。

しかし、ここダーバンで開催されているCOP17では、2週目に入っても、授賞式で日本の名が呼ばれることはありませんでした。こんな会議は初めてです。

しかしそれは、日本の交渉姿勢が理解され、受け入れられたからではありません。
むしろ、京都議定書の第2約束期間に反対し続け、「すべての締約国が参加する包括的な枠組みが必要」と主張しながら具体策を示さない日本に、世界が注目も期待もしなくなったことの現れといえます。

ところが、とうとう8日、日本、カナダ、ロシアの3か国が2位を受賞しました。7日にはカナダと日本の、8日はロシアの環境大臣がそろって京都議定書の第2約束期間に反対する演説をしたからです。

この3か国が第2約束期間に反対していることは知られていましたが、今回は温暖化による深刻な影響を受けているアフリカでのCOP。アフリカ諸国は特に京都議定書の第2約束期間の締結を求めているので、少しは態度を変えるかもしれない―― そうしたわずかな希望は、またも裏切られました。化石賞の受賞は、そんな3国に対し、交渉姿勢を変えてほしい、という最後のメッセージです。

COP17も最後の1日を残すだけとなりました。会議室の扉の向こうでは、各国が自国の利害を守ろうと、熱い議論を交わしていることでしょう。

地球全体の環境を守らずして、各国がそれぞれの利益を守ることなど決して出来ないこと、そして、「温暖化を防ぎ、未来を守る」というこの会議本来の意義に立ち返り、「化石賞」の国々が、合意に貢献してくれることを望んでいます。

20111209d.jpg

化石賞の授賞式に駆けつけた世界のメディア関係者

20111209e.jpg

京都議定書の第2約束期間に反対している日本・カナダ・ロシアの3か国が2位を受賞しました

20111209f.jpg

一方、2050年までに温室効果ガスを80%削減するなど積極的な提案を行なったアフリカグループはCOP17初の「宝石賞」を受賞しました。

 

この記事をシェアする

自然保護室 気候変動・エネルギーグループ所属
山岸 尚之

国連交渉や国内の気候・エネルギー政策でのアドボカシー(提言)活動を担当。

京都議定書が採択されたときに、当地で学生だったことがきっかけでこの分野に関心をもち、大学院を経てWWFに。以来、気候変動(地球温暖化)という地球規模の問題の中で、NGOがどんな役割を果たせるのか、試行錯誤を重ねています。WWFの国際チームの中でやる仕事は、大変ですがやりがいを感じています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP