寒さに負けるな!渡り鳥


広報の三間です。
二月も終わり、東京でも梅が咲き始め… と、思ったら、やってきたドカ雪。そろそろ渡り鳥の季節だと思うのですが、こんな天気では鳥も大変でしょうね。

これから先、ぜひ会いたい鳥たちに、シギやチドリがいます。これらは「旅鳥」と呼ばれる渡り鳥で、主に春と秋、日本の干潟や湿地にやってきます。

旅鳥は、日本より温かい南で冬を過ごし、さらに北の北極圏などで夏の繁殖期を迎える鳥。いずれも、地球を北から南へ、大距離を飛んで旅する鳥たち、というわけです。

日本はつまり、その途中に立ち寄るだけの「中継地」なので、大して重要ではない… かというと、そうではありません。

前に同じく、大西洋の渡り鳥の中継地、デンマークのワッデン海で聞いた話ですが、夏前にこの海を訪れるコオバシギという鳥は、体重が倍以上になるほどここで「食いだめ」をしてから、繁殖地の北極圏に向かうとのことでした。

なぜなら、北極圏ではひと夏の間、飲まず喰わずで(!)子育てに専念するからだそうです。で、すっかりやせて、秋にまた中継地に戻ってきて、沢山食べて体重を増やし、今度はアフリカの越冬地に飛ぶ。
なんと過酷な旅を続けていることか!

20120229b.jpg

とにかく、渡り鳥にとって「中継地」は生きる上で大事な大事な場所なのです。そしてその自然は、そうした命を支えるだけの、豊かさに満ちた場所で もあります。

人もその恩恵を受けます。海藻や貝を採り、魚やタコを獲り、海苔を育てる。全ては、太陽の光と、潮の満干がもたらす海の恵みに他なりません。

こうした浅い海と自然の海岸は、今では各地で埋立てられてしまいましたが、まだ残っている場所には、今年も旅鳥たちがやってくるでしょう。

もう少し温かくなったら、季節を告げる彼らに会いに行きたいものです。

C&M室 メディアグループ長 WEBチーム所属
三間 淳吉

デジタルメディア等々担当していますが、普通に本が好きです。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然保護や野生生物のことをお伝えしてゆきたいと思います。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP