イベントボランティアさんより、"ほっこり"するお便りをいただきました!


こんにちは、広報室の山本です。

先日、8月3日・4日に代々木公園で開催された、海の環境保全をテーマにしたイベント『Ocean Peoples』に私たちが出展した折、ボランティアとしてお手伝いくださった中学1年生のKさんから、"ほっこり"するようなお礼のお便りをいただきました。

その一部をご紹介します。

「イベントを通じて、実際に自然環境について興味をもっている方に直接出会え、とても不思議な気持ちになりました。

今まで、私の身近なところには本気で興味をもち、直接的に活動をしている方はいませんでした。

しかし、『Ocean Peoples』の会場にはWWFの方はもちろん、自分で活動をしているという方が沢山いらっしゃいました。今までは身近に感じることができなかった、同じ考えをもっている方を、直接肌で感じることができたことに、とても感動しました。

あの空間に自分が存在していて、『伝え、広める』ことに、ほんの少しではありますがお手伝いができているということがとても嬉しく、とても楽しく、とても感動しました。」(一部抜粋)

がんばってお手伝いいただいただけでなく、感じたことをこんなに深く受け止め、考えてくださったなんて!本当に嬉しいお便りでした。

私たちの事務局では、普段からこうしたイベントや準備の作業、翻訳などについて、ボランティアの方にご協力をいただくことが多いのですが、Kさんのような若い方がご参加くださることは、なかなかありません。

イベント当日の様子。「おさかなクイズ」を実施しました。

クイズに使用したフェルト製の食材サンプル。このサンプルも、Kさん始めボランティアさんが制作してくれました。

これからの未来を担う年代の方には、こうした機会を積極的につかまえて頑張ってほしい!と思います。

私たちの取り組みが、サポーターやボランティアの皆さんに支えられていることのありがたさ、そして共感することのできる嬉しさを、あらためて感じさせてくれるお便りでした。
Kさん、ありがとうございました!

  • ボランティア登録は随時受け付けています。ご興味がありましたらぜひご登録をお願いいたします。

関連記事

この記事をシェアする

C&M室 メディアグループ所属
山本 亜沙美

プレス担当。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です!この仕事に就くキッカケとなった海牛類のマナティとジュゴンなどモフモフよりもヌメッとした動物が好みですが、最近パンダに浮気中。『ゆるく完璧に』中立的な目線でWWFとみなさまをつなぐ仕事をしています♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP