ウーリーモンキーを守るブラジルのお土産


ブラジルのFSC認証林の現場に行っていたスタッフが、お土産を買ってきてくれました。

WWFのパンダマークのついた、大きな卵型のチョコレート。ぬいぐるみの入ったカプセルが中に入った、オマケつきのお菓子です。

聞くところによれば、このお菓子の売り上げの一部が、ムリキ(ウーリークモザル)というサルの保護活動に寄付されているとのこと。

このサルは、ブラジル南東部の「大西洋沿岸林」という熱帯林にすむサルの一種で、生息環境の破壊や分断さらに狩猟などにより、絶滅の危機に瀕しています。

ブラジルというと、まずアマゾンを思い浮かべますが、この「大西洋沿岸林」も、豊かで独自性の高い生態系が広がる森として知られる場所。他にもゴールデンライオンタマリンのような、珍しいサルも多くいます。

しかし、場所が海に近く、ヨーロッパ人が最初にやってきた地域でもあったため、開発のスピードや規模が、アマゾン以上に早く、その大半がすでに失われてしまったと言われています。

包み紙に書いてあった説明が、全部ポルトガル語でさっぱり読めなかったのですが、WWFブラジルのスタッフたちも、さまざまな人たちに協力してもらいながら活動を広めているのだなあ、と思いながら卵の殻をいただきました。

ちなみに、買ってきてくれたスタッフは、卵の中にもっとたくさんチョコレートが入っていると思っていたらしいです。残念!(広報担当:三間)。

ブラジル南東部の「大西洋沿岸林」にすむサルの一種、ウーリーモンキー。


ブラジルからのお土産、イースターエッグを割ると、中にはぬいぐるみが!

この記事をシェアする

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP