温暖化対策を阻む「3年の壁」を乗り越えるには?


温暖化担当の小西です。
最近、世界の各地から異常気象の事例が報告され、報道されています。

その全てが地球温暖化の影響によるものとは、科学的に100%断言はできません。

ですが温暖化がこうした災害をより深刻なものにするという警告は、久しく発せられています。

この温暖化をくい止めるため今、各国政府だけでなく、産業界にも積極的な取り組みが求められています。

ところが、日本の企業には「3年の壁」があり、工場などでの省エネ対策がなかなか進んでいません。

「3年の壁」とは、日本の企業が設備投資の回収期間としている3年間のこと。

つまり、3年以内に投資回収できないならば、どれほど効果のあっても工場の省エネなどへの設備投資は行なわれない、ということです。

実際、投資回収年数が4年を超えると、よほどトップの判断がないと動けない、という声も企業の現場からは聞こえてきます。

しかし、省エネのシステムであれ何であれ、3年を超えて使い続けるインフラは、決して珍しくありませんし、それなら早く効率の良いものを導入するに越したことはありません。

これは温暖化対策だけではなく、長期的にエネルギーコストを下げる、経営の観点からも合理的な考え方です。

そんな決断を2017年に下し、「3年の壁」と決別した日本企業がありました。

キリンビール株式会社です。

もともと省エネにも地道に取り組んできたこの企業が、今回あらためて「3年以上の投資回収」を必要とする技術導入を決断した背景には何があったのか?

先日、そのお話をうかがいに、同社の横浜工場を取材してきました。

キリン横浜工場にて、おしゃれなビール工場にうっとり!

11月に刊行された雑誌「地球温暖化」の「3年の壁」編でご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

関連情報

既存の技術で省エネしていけば、日本は生活レベルを落とすことなく約半分に省エネできるという研究報告もあります!

この記事をシェアする

自然保護室所属 気候変動・エネルギーグループ所属
小西 雅子

国連交渉や国内政策提言に従事。近年は気象予報士として予測できる電源である再生可能エネルギーの拡大に強い関心。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP