動物では世界初!?シャンシャン親子含むEARTH HOUR 2018サポーターズが決定


こんにちは、広報担当の山本です。

WWFが主体となり開催をしている2007年から世界各地を消灯のリレーで繋ぐソーシャルグッドプロジェクトEARTH HOURは、毎年多くの著名な方々を親善大使として就任頂き、応援を頂いています。

日本でもこれまでにEARTH HOURの主旨にご賛同いただいた多くの著名人の方々をEARTH HOURサポーターズ(親善大使)として迎えてきました。

本日は、これまでにはない豪華な顔ぶれの皆さまが勢ぞろいしたEARTH HOUR 2018サポーターズの皆さまをご紹介します。

動物では世界初となる今をときめく上野動物園のジャイアントパンダのシャンシャン&シンシン&リーリーと、気象予報士・キャスターの井田寛子さん、能楽師笛方一噌流一噌幸弘さん、JAXA宇宙飛行士の大西卓哉さん、WWFジャパン親善大使のさかなクン、東京スカイツリー®の公式キャラクターのソラカラちゃん、漫画家のちばてつやさん、WWFジャパン顧問の前田智子さん、横浜F・マリノスがEARTH HOUR 2018サポーターズに就任しました

動物からキャラクターまで多方面でご活躍のみなさまよりEARTH HOUR 2018を応援頂きます!

就任にあたり、EARTH HOURサポーターズのみなさまからはどこでも、どなたでもEARTH HOURに参加できる環境アクション「EARTH HOUR 60+ Actions!」 を、WWFが提案する60個のアクションに加えた「+(プラス)」のアクションとしてご提案頂きました。

日常生活の中で少し気を付けたり、深く考えてみるアクションまで、サポーターズのみなさまらしいアクションをぜひEARTH HOUR特設サイトからご覧ください。

みなさん一人一人の青い地球を未来へ繋ぐ「プラス」のアクションはどのようなアクションでしょうか?

EARTH HOURをきっかけに考え実行し、その様子をSNSなどで発信頂けると嬉しいです!

みなさんの「+(プラス)」のアクションをぜひ「#旅する60パンダ」に参加して、SNSで発信していただけたら嬉しいです!

特設サイト

関連サイト

この記事をシェアする

C&M室 メディアグループ所属
山本 亜沙美

プレス担当。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です!この仕事に就くキッカケとなった海牛類のマナティとジュゴンなどモフモフよりもヌメッとした動物が好みですが、最近パンダに浮気中。『ゆるく完璧に』中立的な目線でWWFとみなさまをつなぐ仕事をしています♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP